フランスでも豪雨、パリ・セーヌ川氾濫の衝撃

ルーブル美術館の収蔵品も避難

 6月3日、フランスで数日間続いた豪雨によって、首都パリを流れるセーヌ川が増水し、過去30年で最も水位が高くなっている。川岸に近いルーブル美術館とオルセー美術館では一時休館とし、数十点の収蔵品を安全な場所に移すことにした。写真はルーブル休館を知らせる立札を読む観光客(2016年 ロイター/John Schults)

[パリ 3日 ロイター] - フランスで数日間続いた豪雨によって、首都パリを流れるセーヌ川が増水し、過去30年で最も水位が高くなっている。川岸に近いルーブル美術館とオルセー美術館では一時休館とし、数十点の収蔵品を安全な場所に移すことにした。またパリ近郊の一部地域では軍が出動し、取り残された住民を避難させた。

ロワイヤル環境相によると、パリ中心部でセーヌ川の水位は6メートルを超え、川岸の道路が冠水しているほか、川沿いの店などが水につかり、通勤路線の地下鉄は運休を余儀なくされた。ルーブル美術館では、貴重な彫像や美術品が梱包され「こわれもの」と表示した箱が、大理石の彫刻が見下ろす通路に積み上げられた。

パリ南方の地域では深刻な洪水被害が出ている。オルリー空港に近いヴィルヌーブ・サン・ジョルジュでは、氾濫した水が膝を超える深さに達し、軍と赤十字が立ち往生している住民の救助に当たった。

フランスでは前月から記録的降水量となっており、当局は氾濫した水が引くのに数週間かかると警告している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT