フランスでも豪雨、パリ・セーヌ川氾濫の衝撃

ルーブル美術館の収蔵品も避難

 6月3日、フランスで数日間続いた豪雨によって、首都パリを流れるセーヌ川が増水し、過去30年で最も水位が高くなっている。川岸に近いルーブル美術館とオルセー美術館では一時休館とし、数十点の収蔵品を安全な場所に移すことにした。写真はルーブル休館を知らせる立札を読む観光客(2016年 ロイター/John Schults)

[パリ 3日 ロイター] - フランスで数日間続いた豪雨によって、首都パリを流れるセーヌ川が増水し、過去30年で最も水位が高くなっている。川岸に近いルーブル美術館とオルセー美術館では一時休館とし、数十点の収蔵品を安全な場所に移すことにした。またパリ近郊の一部地域では軍が出動し、取り残された住民を避難させた。

ロワイヤル環境相によると、パリ中心部でセーヌ川の水位は6メートルを超え、川岸の道路が冠水しているほか、川沿いの店などが水につかり、通勤路線の地下鉄は運休を余儀なくされた。ルーブル美術館では、貴重な彫像や美術品が梱包され「こわれもの」と表示した箱が、大理石の彫刻が見下ろす通路に積み上げられた。

パリ南方の地域では深刻な洪水被害が出ている。オルリー空港に近いヴィルヌーブ・サン・ジョルジュでは、氾濫した水が膝を超える深さに達し、軍と赤十字が立ち往生している住民の救助に当たった。

フランスでは前月から記録的降水量となっており、当局は氾濫した水が引くのに数週間かかると警告している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT