圧倒的勝ち組は「勝負どころ」の見極めが違う

大きなリターンを得られる日こそ踏ん張ろう

そんな時は、とりあえず波に乗っておく。次の波はいつくるかわからないから、波を逃すのは勝負どころをみすみす手放すようなもの。それでは、いつまでたっても大きな成功をつかむことはできません。睡眠を削っても、取りかかっていたほかの作業を後に回してでも、そのチャンスに全力投球すべきです。

「普段のペース」は臨機応変に崩してしまおう

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

この思考・行動様式は、実は一日のルーティンがしっかり決まっている人ほど、取り入れにくいところがあります。ルーティンを作ること自体は悪いことではありません。一日の動きが体に染み込んで、時間になったら体が自然に動いてくれるので、時間のムダが少なくなります。

でも、一日の流れがあまりに固定化されてしまうと、肝心の勝負どころを逃してしまうのです。なぜなら勝負どころというのは、効率よく結果を出すために、普段のペースをあえて崩して頑張ったほうがいいところ、とも言えるからです。

なのに、そこを「そろそろ晩ご飯つくらないと」とかで、無理やり普段の生活に引き戻してしまうのは、とてももったいない。私だったらそんな時は、デリバリーを頼んじゃいますね。

「あ、ここで頑張っておけば、いつもより大きなリターンを手に入れられるぞ」と思ったら、ペースを乱すことを怖がらずにその準備に専念しましょう! 圧倒的勝ち組は、勝負どころを嗅ぎ付けたら、そこに時間と労力をすべて注ぎ込むことで、圧倒的に大きな成功を手に入れるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT