圧倒的勝ち組は「2軸計画」で軽快に進歩する

周囲からの評価を得やすい「隙のない努力」

「高飛車キャラ」でブレイク中のフリーアナウンサー・天明麻衣子さんの「努力論」とは?
「ほどほどでいいや」と思っていると、いい実績を作った人と比べられ、相対的に低く評価され、結局は負け組の中に入ってしまう時代。どうせ勝負をしなければならないなら、勝ちたい。そして勝つなら、圧倒的に勝ちたい。そう思いませんか?
いま「高飛車キャラ」でブレイク中、先月「圧倒的な勝ち組になる効率のいい考え方と仕事の仕方」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も上梓したフリーアナウンサー・天明麻衣子さん。彼女と彼女の周りの「圧倒的勝ち組」に、フレキシブル&ドライな処世術を学ぶシリーズ、第2回をお送りします!
前回記事:圧倒的勝ち組は、極めて「ドライ」に努力する

 

目標を達成するには、計画の立て方が大切です。圧倒的勝ち組は、計画の立て方にもフレキシブル&ドライの概念を反映させます。

それはズバリ、短期計画と中期計画を同時に進行させることです。短期計画とは、1カ月単位でできるようなもので、ゆえに即効性が求められます。一方の中期計画は、3カ月くらいかかるもので、将来の仕事の質を上げることを見据え、即効性は低くても今から取り組むことが求められます。これらの2つのタイプの計画を組み合わせることで、即効性と持続性の両方を手にすることができるのです。

ダイエットでの失敗から学んだこと

短期の計画と中期の計画には、それぞれメリットとデメリットがあります。私はダイエットに取り組んだとき、これを痛感しました。

まず栄養バランスに配慮した厳しい食事制限に取り組みましたが、確かに短い期間で体重が減ったものの、内容がきついため続けるのは難しく、すぐ挫折してしまいました。そこでウォーキングなどの有酸素運動のみで減量を目指す形に切り替えたところ、なかなか思うように体重が減らないので、「本当に効果があるのかな?」とすぐにやる気を失ってしまったのです。続ければ着実に効果が出るのでしょうが、そこまで時間をかける前にイヤになってしまうんですね。

次ページ「苦労しすぎず結果が見えやすい」計画の立て方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT