官民で仕掛ける「中国ブランド向上計画」

中国のイメージを改善せよ!

Powerlandというブランド名で中国主要都市に展開する高級婦人バッグメーカーがあります。親会社は保兰德集团と言い、今年4月に北京で行われた2012秋冬新製品発表イベントで、同社の総帥である郭顺元さんと知り合うことができました。

このブランドは中国国内でも「Powerland」という英文標記一本でブランディングを進めており、商品のデザインもルイ・ヴィトンやエルメスと見まごうばかりの高級感あふれるものです。これには秘密があって、同ブランドのチーフ・デザイナーは元グッチのチーフデザイナーでありその後フェンディやトッズなどのバッグを手掛けていたFrancesco Turchiなのです。また、販路は自社ブランドショップのみで、広告には香港の国際派女優「李嘉欣(ミッシェル・リー)」 を起用しています。

中国の消費者の目にはグローバルブランドにしか映らないこのブランドですが、値段は2000~6000元(約27000円~81000円)程度と、一般女性でも手の届く範囲です。

郭オーナーの視線も海外市場へ向けられており、すでに南アフリカ、イタリア、オーストラリアに拠点を持っています。

ディカプリオの起用で、欧米のイメージを

11年、レオナルド・ディカプリオ主演のTVコマーシャルにより一気に知名度を上げた、「OPPO」という携帯端末ブランドがあります。これも実は「国内品牌国際化」戦略の一例です。

仕掛けたのは広東歩歩高電子工業の子会社であるOPPO社。Androidベースの携帯電話の新機種「Find」の市場導入を契機に、グローバルに通用するブランド構築を開始したのです。

巷間500万ドルとも言われるギャラでディカプリオの出演を取り付け、フランスを舞台にしたサスペンスドラマ風のミニムービーをテレビとインターネットの連動で展開。このキャンペーンは多くの中国人の心を掴み、「OPPO」のブランドイメージは大きく向上しました。私の周りの中国人社員たちは広告の専門家ですが、彼らの多くも最初は、OPPOが欧米ブランドだと思い込んでいたそうです。

OPPOは中国と同時にアメリカでも商標登録されています。国内でブランドを立ち上げる際に、最初からグローバルスタンダードでブランドを育成し、国内で販売実績を積んだ後にグローバル市場に打って出る。そんな絵に描いたような「国内品牌国際化」戦略を実施しているのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT