政治と文化は本当に別物か?

戦後的なお花畑の思考なのかもしれません

国家間の問題が文化にまで及んだ2012年

竹島や尖閣諸島など、わが国の領土領海をめぐって国家間の圧力が高まり、そのネガティブな影響が産業だけではなく、観光や芸能のような娯楽分野にまで及んでいると報道されています。

しかしその一方で「文化と政治は別」と言って、交流をがんばろうとしている人もいらっしゃいます。

私自身、K-POP、K-MOVIE(そんな言い方はしない)のファンだけに、こうした意見は賛成したくもあり、心強くもある。しかしどうしても「それは何かが違う」と、正直、違和感も感じてしまうのです。

ちなみに私がどんな感じでK-POPのファンかというと「ああ、少女時代のデビュー曲はKENZIEだよね」と、作曲家までわかるレベル。特にヒッチハイカーさんという音楽家の書く曲が好きで、この人が以前所属していたユニットのCDまで買ったりしています。推しメンはF(x)というグループのソルリ。どうもDNAレベルでグッとくるものを感じます。

それはさておき、私はどこに違和感を感じるというのでしょうか。

政治と文化が別ならば、故郷ポーランドが蹂躙されたことを知って「革命」を書いたショパンはどうなるのかと思います。ナポレオンに共感し、「英雄」を書いたベートーベンは?

次ページ文化に政治を持ち込んだのは〝いけない人〟?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。