政治と文化は本当に別物か?

戦後的なお花畑の思考なのかもしれません

国家間の問題が文化にまで及んだ2012年

竹島や尖閣諸島など、わが国の領土領海をめぐって国家間の圧力が高まり、そのネガティブな影響が産業だけではなく、観光や芸能のような娯楽分野にまで及んでいると報道されています。

しかしその一方で「文化と政治は別」と言って、交流をがんばろうとしている人もいらっしゃいます。

私自身、K-POP、K-MOVIE(そんな言い方はしない)のファンだけに、こうした意見は賛成したくもあり、心強くもある。しかしどうしても「それは何かが違う」と、正直、違和感も感じてしまうのです。

ちなみに私がどんな感じでK-POPのファンかというと「ああ、少女時代のデビュー曲はKENZIEだよね」と、作曲家までわかるレベル。特にヒッチハイカーさんという音楽家の書く曲が好きで、この人が以前所属していたユニットのCDまで買ったりしています。推しメンはF(x)というグループのソルリ。どうもDNAレベルでグッとくるものを感じます。

それはさておき、私はどこに違和感を感じるというのでしょうか。

政治と文化が別ならば、故郷ポーランドが蹂躙されたことを知って「革命」を書いたショパンはどうなるのかと思います。ナポレオンに共感し、「英雄」を書いたベートーベンは?

次ページ文化に政治を持ち込んだのは〝いけない人〟?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT