店舗数1000店、業界シェア10%狙う

香港上場のパチンコホール大手ダイナム

M&Aの機会増える

また、M&Aに関しては「監督官庁である警察庁は、パチンコを時間消費型レジャーとして定着させたいと考えており、今後パチンコ、パチスロとも低貸玉営業への流れがますます強まっていく。そうなると営業が立ちいかなくなるところが増えてくるが、当社はローコスト経営を徹底してきたので、そうしたところのM&Aの機会が増える」として、M&Aには楽観的だ。

M&Aについては、「資金的にも対応できる」(同)うえ、今回の香港上場によって「今後は上場株との株式交換という方法も可能となり、これならオーナーの相続対策にもなる」(同)と、いろいろなやり方も意識しているようだ。

売り上げではパチンコホール最大手のマルハンが大型店中心の展開を図っているのに対し、店舗数では最大手のダイナムの場合、「店舗数が多くなればなるほどコストメリットが出てくるチェーンストア理論をベースに、5万人に1店、1店当たり480台の標準店を展開していく」(同)として、マルハンとはやや対照的な路線を取っている。佐藤社長は「店舗数が600店を超えてくれば、さらにコスト効果が大きくなる」とみているようだ。

アジアでの新規事業にも意欲的で、「すでに大卒採用をはじめてから23年。人材もかなり育ってきており、チェーストア理論をベースに今後アジアで何ができるか、今後半年から1年かけて情報収集し、日本で蓄積したノウハウを生かせる事業を考えていきたい」(同)とのことだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT