店舗数1000店、業界シェア10%狙う

香港上場のパチンコホール大手ダイナム

8月に念願の香港上場を果たしたパチンコホール大手ダイナムジャパンホールディングスの佐藤洋治社長は、12月4日の上期(2012年4~9月期)決算発表の席上、「10年後にグループの店舗数を1000、業界シェア10%を狙う」との意欲を示した。

シェア10%取りが視野に

ダイナムグループの店舗数は上期末で347。これを1000にするにはあと653。佐藤社長は「今後10年間、毎年平均40店ずつ出店して400店。残りの253店はM&Aで確保していく」という。業界全体の店舗数は11年末で1万2323店(12年版レジャー白書)。これまで年々減少傾向にあり、現在はさらに減っている状況で、今後もこの流れが続くとみられるため、10年後の1000店はほぼシェア10%になる。

ダイナムの場合、新店舗の出店費用は「1店当たり4億円強だから、40店で約160億円。当社は現預金が9月末で400億円。加えて、償却が年間110億円以上あり、毎年のキャッシュフローが270億円以上になるため、毎年40店を出店しても資金的には問題ない」(佐藤社長)。

 

次ページM&Aにも意欲
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。