「キャリアアップ信仰」という名の地獄

知らないうちに陥っている?

この質問に対して、ノーの日が続くようだと、それは自分が「生きながら死んでいる」状態に陥っている危険信号。早急に軌道修正をしなければなりません。

「死」という直接的な言葉こそ入っていないものの、この問いかけは明らかに、自らに死を想うことを迫ります。これを毎日行っていたということは、つまりスティーブ・ジョブズは毎日「生まれ変わりの儀式」を行っていたということです。こうすれば、これでいいのか?と悩み続けて悶々と日々を過ごすことはありません。

昨日までの自分を捨てて、まっさらなキャンバスの上に今日のアイデアを描くことができます。考えてみれば、イノベーティブな仕事というのは「昨日と変わらぬ今日、今日と変わらぬ明日」という人生観からは到底生まれてくるものではないでしょう。

独生独死独去独来。

独り生まれ独り死し、独り去り独り来たる。

人間の孤独な現実を突きつける厳しい言葉のようですが、実は、このかけがえのない人生、このかけがえのない一瞬を本当に生きなさいという、ブッダの優しい願いが込められた言葉なのです。

あなたの人生、本当に生きていますか?
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。