スピーカー?「グーグル・ホーム」とは何か

検索・音声認識技術を駆使した新製品

5月18日、米グーグルは年次開発者会議「I/O」で、音声認識技術やネット検索機能を備えたスマートホーム機器と新メッセージングアプリを発表した(2016年 ロイター/STEPHEN LAM)

[マウンテンビュー(米カリフォルニア州) 18日 ロイター] - 米持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは18日開催した年次開発者会議「I/O」で、音声認識技術やネット検索機能を備えたスマートホーム機器と新メッセージングアプリを発表した。

グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、音声認識技術を生かした仮想アシスタントの「グーグル・アシスタント」と、同機能を搭載するスピーカー「グーグル・ホーム」を発表した。

グーグル・アシスタントは、音声アシスタントを通じ、ネット検索やスケジュール管理が可能となる。

グーグル・ホームは、クロームキャストやスマートホーム機能をグーグル・アシスタントに統合したデバイスで、今夏リリース予定の「アロ」にも接続可能となる。

これら新デバイスは、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の音声認識技術「アレクサ」を搭載する「エコー」などに、アロはフェースブック(FB)<FB.O>のメッセージングサービス「ワッツアップ」などにそれぞれ対抗することになる。

グーグル・ホームの投入は年内の予定としつつも、明確な発売日や価格については発表しなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT