スピーカー?「グーグル・ホーム」とは何か

検索・音声認識技術を駆使した新製品

5月18日、米グーグルは年次開発者会議「I/O」で、音声認識技術やネット検索機能を備えたスマートホーム機器と新メッセージングアプリを発表した(2016年 ロイター/STEPHEN LAM)

[マウンテンビュー(米カリフォルニア州) 18日 ロイター] - 米持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは18日開催した年次開発者会議「I/O」で、音声認識技術やネット検索機能を備えたスマートホーム機器と新メッセージングアプリを発表した。

グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、音声認識技術を生かした仮想アシスタントの「グーグル・アシスタント」と、同機能を搭載するスピーカー「グーグル・ホーム」を発表した。

グーグル・アシスタントは、音声アシスタントを通じ、ネット検索やスケジュール管理が可能となる。

グーグル・ホームは、クロームキャストやスマートホーム機能をグーグル・アシスタントに統合したデバイスで、今夏リリース予定の「アロ」にも接続可能となる。

これら新デバイスは、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の音声認識技術「アレクサ」を搭載する「エコー」などに、アロはフェースブック(FB)<FB.O>のメッセージングサービス「ワッツアップ」などにそれぞれ対抗することになる。

グーグル・ホームの投入は年内の予定としつつも、明確な発売日や価格については発表しなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT