サンマの町・女川 マイナスからの船出

壊滅的被害を受けた漁港に山積する課題

 

東日本大震災による津波で、町並みが消滅するほどの被害を受けた宮城県・女川町。基幹産業である水産業の復興に向け、地元の人々の努力が続いている。

震災前の女川町は本州で一、二を争うサンマ漁で知られていた。サンマの水揚げ量は、1日に1200~1500トンにも達していた。だが、津波によって漁港や魚市場、その後背地に位置する水産加工会社まで壊滅的な被害を受けた。

女川港には震災前、サンマ漁船が10隻以上着岸できたが、地盤が1メートル以上沈下したため、昨年はサンマの漁期が始まる9月時点で2隻を受け入れるのがやっとだった。だが、今年は沈下した漁港が一部復旧し、10月18日から着岸能力は4隻、1日約400トンの水揚げが可能になった。

もちろん水産業は漁船や漁港だけでは成立しない。水揚げされた鮮魚の輸送に必要となる製氷設備、冷凍するための冷凍冷蔵設備、魚を加工・出荷する業者や加工場といったサプライチェーンが必要だ。

比較的復旧が早かったのは製氷設備だ。昨年9月には女川魚市場買受人協同組合が中心となり製氷設備を修理。今年7月には新たな製氷設備が完成し、製氷能力はほぼ震災前の水準に戻った。

次ページ中東から差し伸べられた救いの手
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT