賢い家電を選べば、朝の身支度も時短できる

ヒゲそり、歯磨き、ヘアドライを素早く!

高速リニアモーター駆動と、「ヒゲセンサー」により、しっかりとそることができ、そり残しの心配ナシ。前日夜の入浴時に使って、翌朝はヒゲそりを省略することも可能だ。

手磨きより利点の多い「電動歯ブラシ」

舌用ブラシも付属。グラスに本体を置くだけの無接点充電にも対応する

「起床後」や「朝食後」など、タイミングは人それぞれだが、外出前に欠かせないのが朝の歯磨きだ。フィリップスの調査によると、今でも8割近い人が手磨きをしているという。しかし、時短を考えるなら、手磨きより電動歯ブラシだ。

手磨きと比べて電動歯ブラシのメリットは、圧倒的に高い歯垢除去率と、歯と歯ぐきへの優しさにある。手磨きの場合、急いでいると、ついガシャガシャと磨いてしまうことが多い。すると、磨けていない部分が残ってしまったり、歯ぐきを傷つけることになる。

オススメは、フィリップスの「ソニッケアーダイヤモンドクリーン HX9308/80」(実勢価格2万7130円)。毎分3万1000回のブラシヘッドの振動が口内で「音波水流」を発生させ、この水流が歯間などの歯垢を除去する。しかも、ブラシ毛も柔らかいので歯と歯ぐきに優しい。

便利なのが、電源を入れてから30秒後ごとにタイマーでお知らせしてくれる搭載。このタイマーに合わせて、右上、右下、左上、左下の4エリアに分けて歯磨きすると、たった2分で全部の歯をしっかりと磨けるというわけだ。これなら、焦ってガシャガシャ磨くよりもずっと時短で効率的に歯磨きができる。

次ページうれしい付属品がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT