トヨタ「4割減益」で試される"攻めの意志"

見栄えは度外視、研究開発費は過去最高へ

もう一つのキーワードがトヨタの「意志」だ。2014年3月期の決算発表では、「意志ある踊り場」というキーワードを披露。これは目先の台数や収益の成長を追うのではなく、将来を見据えた足場固めを最優先する、というメッセージだった。

昨年の2015年3月期の決算発表の場では「実行の段階に入った」と公言。実際にメキシコ工場の決断、自動車の作り方改革TNGAの加速、米国内での本社移転、人工知能の新会社の設立などを次々と実行していった。

逆風下でも研究開発費、設備投資を増加

そして今期。豊田社長は「今期を一言で申せば、私たちの意志が本物かどうか試される年」と宣言した。その言葉通り、為替だけで9000億円を越える減益要因があるにもかかわらず、2017年3月期に研究開発費は過去最高額となる1兆0800億円、設備投資も前期より575億円増の1兆3500億円を投じる。

業績の見栄えを少しでも良くしようと思えばブレーキを踏む、人工知能など短期的には利益を生まない研究開発を削るといった選択肢もあったはずだ。しかし、それをトヨタはしない。大幅減益の予想は「逆風下でも攻める」という豊田社長の“意志”表示なのだ。

この選択が正しいかどうか、現状はわからない。投資が実れば、果敢な判断は後に賞賛されるに違いない。空振りに終われば、ブレーキを踏み遅れたと批判を浴びることだろう。

最高益を更新してきた中で社内の緊張感は薄れている。将来に必要な投資という名目で無駄な出費が増えている懸念もある。無駄は削りつつ必要な投資は果敢に実行する。しかも結果につなげていく。豊田社長の言う通り、真の実力と意志が試されるのはまさにこれからだ。

(撮影:尾形文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT