ミャンマーがいつの間にか変貌を遂げている

隣国タイがミャンマーから学ぶべきこと

タイの指導者にも、こういった教訓を学ぶ機会があった。タクシン元首相は2001年以降、古い政治秩序を弱体化させながら、民主化を利用して大成功を収めた。しかし、汚職と権力濫用の疑惑を受けて抗議行動が広がり、2006年9月の軍事クーデターで退陣。亡命と刑事告発を余儀なくされた。

軍司令官らは、それ以降タクシン氏の影響力排除に努めた。しかし、同氏は地方の貧困層を基盤に巻き返しを図り、紆余曲折を経て、同氏の妹であるインラック氏が2011年の選挙で勝利して政権を獲得した。

インラック政権は2013年、タクシン氏に対するすべての刑事告発を取り下げて有罪を覆し、本国復帰を認める恩赦法案を発表。こうした姿勢はさらなる街頭抗議を招き、翌14年5月に再び軍事クーデターが勃発した。

それ以来、プラユット・チャンオチャ氏を首班とする軍政が続いている。独裁組織の国家平和秩序評議会(NCPO)はプラユット氏に絶対的な権限を与える暫定憲法を起草。同氏は議会と政府を牛耳る一方で反体制派を軍の兵舎に拘留。人権運動家は脅迫され、ジャーナリストは日常的な嫌がらせを受けている。

タイがミャンマーに学ぶべきこと

NCPOは8月の国民投票で憲法草案の是非を問う予定だ。草案が承認されれば2017年に選挙が実施されるが、上院は軍が支配する形となるほか、議員でなくても首相に就任することが可能になる。

当然、市民社会と各政党は、あからさまに非民主的な草案に反対の意志を表明してきた。しかし、軍司令官は軍政の長期化に向けて本腰を入れている。タイの前途に無秩序が待ち受けているのは、ほぼ確実とみられる。

タイに必要なのは、ミャンマーが達成した妥協や和解だ。両サイドがいずれも勝てないと認めた時のみ、取引と交渉が、二極化と政治危機に取って代わることができる。ミャンマーの軍事政権がそこに到達するまで約50年を要した。人々はタイが、もっと早くそこにたどり着くよう願っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT