オバマ大統領が27日広島訪問、米政府「原爆投下は謝罪せず」

ホワイトハウスが声明、安倍首相と共に

 5月10日、オバマ米大統領が広島を訪れる。写真は安倍晋三首相とともに記者会見場に到着するオバマ氏。ワシントンで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque/File Photo)

[ワシントン/東京 10日 ロイター] - オバマ米大統領が27日、安倍晋三首相と共に、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問する。原子爆弾投下に関する謝罪は行わない。ホワイトハウスが10日、明らかにした。

両首脳は26、27日に三重県で開催する主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の後に、平和記念公園を訪れる。

ホワイトハウスは声明で、オバマ氏が「核兵器なき世界の平和・安全保障を求める継続的なコミットメントを強調」するとした。

ローズ大統領副補佐官(国家安全保障担当)はブログ投稿で、「オバマ氏が、第2次世界大戦末期の原爆使用決定を、再び取り上げることはない。代わりに、われわれが共有する未来に焦点を当てた、前向きなビジョンを示す」と述べた。

ケリー米国務長官が先月、広島を訪れてから、生存者らはオバマ氏訪問が実現すれば、謝罪よりも、世界の核兵器撤廃に向けた前進を望む考えを表明している。

ローズ氏によると、ケネディ駐日米大使も最近広島を訪れており、オバマ氏訪問の「適切な時期」が到来したとの認識を示した。

安倍首相は10日夜、オバマ米大統領が実際に被爆地に足を運ぶことは「大きな決意だったと思う」と述べ、「全ての犠牲者を日米で共に追悼する機会としたい」と今回の広島訪問を歓迎する意向を表明した。

「オバマ大統領が広島を訪問し、そして被爆の実相に触れ、その思いを世界に発信することは、核兵器のない世界に向けて大きな力になる」と記者団に語った。

*情報を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT