なぜG7は「核廃絶宣言」に踏み込めないのか

核と通常兵器の差を、世界の大多数が知らない

広島で開かれたG7の外相会議。この成果と課題について解説する(写真:ZUMA Press/アフロ )

主要国G7の外相会議が4月10~11日、広島で開かれた。ビジネスパーソンが押さえておくべき、この成果と課題について解説したい。

今回、広島で会合するからにはG7の外相は核の廃絶を誓うべきだという意見が核軍縮の専門家の間にあった。しかし、結局、「核軍縮および不拡散に関する広島宣言」では、「核兵器のない世界に向けた環境を醸成するとのコミットメントを再確認する」にとどまった。「核の廃絶を目指すが直ちに実行することは困難だ」というのが核保有国の立場である限りやむを得ないことだったと思う。

一方、今回の会合は核兵器の非人道性の関係で非常に有意義だった。これについては2つの視点がある。

「核兵器の非人道性」について進展があったのか

一つは、「核兵器の非人道性」について進展があったかいなかであるが、この文言は宣言に盛り込まれず、「原子爆弾投下によるきわめて甚大な壊滅と非人間的な苦難という結末を経験」と記述されたにとどまった。

この「原子爆弾投下による非人道的な苦難」は非常によく工夫された表現だと思う。この言葉の焦点が人にあると考えれば、これは被爆者の苦難そのものであり、だれも反論できない。

次ページなぜ玉虫色の表現になったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT