TOEICの満点は、990点でなく1390点

韓国の英語力が日本を突き放した理由(上)

97年に通貨危機で国家破綻の寸前までいった韓国は、経済の立て直しのために、対外貿易の拡大が不可欠になりました。そこで国が英語を使える(話せる)人材育成に本腰を入れたわけです。海外に物を売りに行くには英語が話せなければなりませんからね。

具体的には大学受験の際、英語の試験に様々な実用的な英語試験を使用することを促し、個別の大学が英語の問題を作ることをやめるように誘導しました。

日本も韓国も受験に向かって勉強するのは同じです。要は韓国では、英語を実用的に使いこなす上で必要になってくる技能が、受験で試されるようになったため、非実用的な英語を勉強しなくなり、受験英語のムダがそがれ、英語力の底上げがされたわけです。

これまでは大学入試に、TOEFLやTEPS(Test of English Proficiency developed by Seoul National University)のスコアが使用されてきましたが、今年からNEAT(National English Ability Test/国家英語能力評価試験)が導入されます。

韓国で今年から導入される新英語テスト「NEAT」。書店には早くも参考書が並び始めた。

これは、韓国の英語教育改革のいったんの最終形であり、この改革によって、韓国の国民英語力はさらに劇的に向上することは必至です。

NEATは「韓国のTOEFL」と一部で呼ばれるもので、1、2、3級の3種類があります。簡単に説明すると1級はビジネス英語で、2級が大学で必要な学術英語、3級は一般の日常英語となります。級の違いは難易度に加えカテゴリーの違いです。レベル、目的は違っても、3つの級とも4技能が満遍なく試される試験という部分は共通しています。

全国実施が目標とされていて、2級は2015年以降、大学入試の唯一の試験になるだろうと目されています。世界中の様々な英語試験のいいとこ取りをした、英語テストシステムの1つの理想型とも言える試験になっていると思います。

サムスンは「従来型TOEIC」から卒業

また、韓国の英語力が伸びた背景のもう1つには、TOEICスピーキング(S)テストの普及も挙げられます。Sテストが普及したのは、サムスン電子の英断によると言えるかもしれません。韓国も従来は日本と同じようにマークシート方式でLとRの技能のみを推し量る990点満点のTOEICテストの点数を採用の基準にしていました。

900点を採用基準としてきたサムスンですが、LRでは世界で活躍できる優秀な社員を採れないということに気付き、採用条件からはずしました。現在、サムスンはSテストの点数で採用するようになり、多くの企業が後に続いています。

結果Sテストの受験者は、日本では年間約1万人にとどまっているのに対し、韓国では今年25万人になると見込まれています。

このTOEICのSテストは、日常英会話の技能が試されるのではありません。論理的にプレゼンを行ったり、資料の情報を読み取って正確に説明したり、口頭で問題解決の提示を行うなど、国際ビジネスで最も重要な力を試すテストなんです。

次ページTOEICの満点は1390点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。