本当に意味のある技術ならわかりやすく伝えられる--李英熙(イヨンヒ)・サムスン電子専務携帯事業グローバルマーケティング責任者

本当に意味のある技術ならわかりやすく伝えられる--李英熙(イヨンヒ)・サムスン電子専務携帯事業グローバルマーケティング責任者

スマートフォン市場で米アップルと首位争いを繰り広げる韓国サムスン電子。直近2011年10~12月期決算では、半導体やテレビが苦戦する中、スマホが業績を牽引し、四半期ベースで過去最高の営業利益を記録した。

急成長の背景には、携帯電話世界首位のノキアなど、他を圧倒する製品投入スピードがある。昨年秋には「スマホでもタブレットでもない新カテゴリー」の位置づけで、5・3インチの「ギャラクシーノート」を発売。付属タッチペンで手書きのようなアナログ感覚を打ち出し、世界販売は3月末で500万台を突破した。

“スマホの勝者”が、ここに来て「新カテゴリー」導入に動いたのはなぜか。4月6日の「ノート」日本発売に合わせ韓国スウォン市の本社から来日したグローバルマーケティングのトップ、李英熙専務に最前線の戦略を聞いた。


人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。