本当に意味のある技術ならわかりやすく伝えられる--李英熙(イヨンヒ)・サムスン電子専務携帯事業グローバルマーケティング責任者

──「ノート」を新カテゴリーと位置づけたのは、なぜですか。

スマホが普及してタブレット、PCと複数の端末を持つ人が増えた。1人当たりの端末数は現在、平均2・5台。使い分けを不便に感じている人も多い。そこで大きな画面のタブレットと、持ち歩きに便利なスマホのよさをいいとこ取りした。ノートは一見すると大きなスマホだが、これを大きなスマホと呼ぶのでは物足りない。そこでキャッチコピーも「スマホでもタブレットでもない、ノートだ」として、新しい経験を伝えることに力を入れている。

当社のミッションは、お客様の希望を聴いて、楽しい経験を提供すること。ノートについても、最初からこういう製品のアイデアがあったわけではなく、調査の結果、お客様が不便と感じていることを発見し、それを解決する製品として開発した。従来の端末では満足できなかったアナログ的な使い勝手を実現するために「Sペン」というタッチペンも作り出した。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。