本当に意味のある技術ならわかりやすく伝えられる--李英熙(イヨンヒ)・サムスン電子専務携帯事業グローバルマーケティング責任者

拡大
縮小

──「ノート」を新カテゴリーと位置づけたのは、なぜですか。

スマホが普及してタブレット、PCと複数の端末を持つ人が増えた。1人当たりの端末数は現在、平均2・5台。使い分けを不便に感じている人も多い。そこで大きな画面のタブレットと、持ち歩きに便利なスマホのよさをいいとこ取りした。ノートは一見すると大きなスマホだが、これを大きなスマホと呼ぶのでは物足りない。そこでキャッチコピーも「スマホでもタブレットでもない、ノートだ」として、新しい経験を伝えることに力を入れている。

当社のミッションは、お客様の希望を聴いて、楽しい経験を提供すること。ノートについても、最初からこういう製品のアイデアがあったわけではなく、調査の結果、お客様が不便と感じていることを発見し、それを解決する製品として開発した。従来の端末では満足できなかったアナログ的な使い勝手を実現するために「Sペン」というタッチペンも作り出した。


関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT