北朝鮮が英BBCのヘイズ記者を一時拘束

出国しようとしたところを拘束、取り調べ

 5月9日、英BBCは、北朝鮮がBBCのルパート・ウィングフィールド・ヘイズ記者を一時拘束し、国外退去を命じたと明らかにした。写真は平壌の労働党本部。6日撮影(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

[平壌 9日 ロイター] - 英BBCは9日、北朝鮮がBBCのルパート・ウィングフィールド・ヘイズ記者を一時拘束し、国外退去を命じたと明らかにした。

BBCによると、北朝鮮での取材を終えたヘイズ記者は6日、BBCの他のスタッフとともに北朝鮮を出国しようとしたところ、空港で1人だけ拘束された。その後、平壌のホテルで治安当局の取り調べを受け、文書に署名させられた後に解放され、BBCスタッフと再び合流できたという。

新華社は北朝鮮当局者の話として、ヘイズ記者は不適切な報道をしたため拘束されたと伝えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT