北朝鮮が英BBCのヘイズ記者を一時拘束

出国しようとしたところを拘束、取り調べ

 5月9日、英BBCは、北朝鮮がBBCのルパート・ウィングフィールド・ヘイズ記者を一時拘束し、国外退去を命じたと明らかにした。写真は平壌の労働党本部。6日撮影(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

[平壌 9日 ロイター] - 英BBCは9日、北朝鮮がBBCのルパート・ウィングフィールド・ヘイズ記者を一時拘束し、国外退去を命じたと明らかにした。

BBCによると、北朝鮮での取材を終えたヘイズ記者は6日、BBCの他のスタッフとともに北朝鮮を出国しようとしたところ、空港で1人だけ拘束された。その後、平壌のホテルで治安当局の取り調べを受け、文書に署名させられた後に解放され、BBCスタッフと再び合流できたという。

新華社は北朝鮮当局者の話として、ヘイズ記者は不適切な報道をしたため拘束されたと伝えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT