北朝鮮が英BBCのヘイズ記者を一時拘束

出国しようとしたところを拘束、取り調べ

 5月9日、英BBCは、北朝鮮がBBCのルパート・ウィングフィールド・ヘイズ記者を一時拘束し、国外退去を命じたと明らかにした。写真は平壌の労働党本部。6日撮影(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

[平壌 9日 ロイター] - 英BBCは9日、北朝鮮がBBCのルパート・ウィングフィールド・ヘイズ記者を一時拘束し、国外退去を命じたと明らかにした。

BBCによると、北朝鮮での取材を終えたヘイズ記者は6日、BBCの他のスタッフとともに北朝鮮を出国しようとしたところ、空港で1人だけ拘束された。その後、平壌のホテルで治安当局の取り調べを受け、文書に署名させられた後に解放され、BBCスタッフと再び合流できたという。

新華社は北朝鮮当局者の話として、ヘイズ記者は不適切な報道をしたため拘束されたと伝えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。