【株式・大引け】日経平均は7日続落

景気に不透明感、円高も足かせ

 13日の東京株式市場は小幅ながら続落。日経平均株価の終値は前日比15円39銭安の8661円05銭と7営業日連続の下落、TOPIXも同0.02ポ イント安の722.56と4営業日連続のマイナスで引けた。このところの株価下落基調を受けて買い戻しの動きもみられたものの、世界景気の先行き不透明感 が根強いうえ、取引時間中に外国為替市場で円高が進んだことなども売り材料となり、全体的に弱含みで推移した。

このところの株価下落基調を受けて買い戻しの動きもみられたものの、世界景気の先行き不透明感が根強いうえ、取引時間中に外国為替市場で円高が進んだことなども売り材料となり、全体的に弱含みで推移した。

本日の東京株式市場は、前日まで続いた株価下落基調による割安感の高まりから、朝方こそ小高く始まったものの、買いは続かず、売買エネルギーが薄い中で、先物の仕掛け的な動きにも引きずられ、マイナス圏に転じ、弱含みのままで大引けを迎えた。米国のいわゆる「財政の崖」問題や、欧州の債務不安、中国の景気減速といった外部環境の悪化が、日本経済にも波及するという懸念などから、投資家のリスク回避志向が強まっており、積極的な買いにつながらなかった。

東証1部の値上がり銘柄数は630(全体の37%)、値下がりは893(同53%)。160銘柄が変わらずだった。東証33業種別にみると、上昇は石油(上昇率2.17%)を筆頭に19業種がプラス。マイナスは14業種でワーストはその他金融(下落率1.76%)だった。

個別銘柄ではアルバックがストップ高。2013年6月期の中間業績が従来計画よりも赤字幅縮小の見通しと、12日に発表したことが好感されたようだ。証券会社が投資判断を引き上げた九州電力の上昇も目立った。一方、下落で目に付いたのはテー・オー・ダブリュー。不適切な会計処理により監理銘柄への指定見込みになっったのが嫌気された。業績見通しの下方修正により、日本カーボン、清水建設なども値を下げた。

日経平均はこれで7営業日続落。昨日時点の東証1部のPBR(株価純資産倍率)が0.89倍と解散価値の1倍を大きく割り込むなど、テクニカル的に割安を示している指標は多い。しかし、いくつもの不安要素から、投資家もリスクを取りに行きにくい状態で、軟調な展開が続きそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT