ドビュッシーとの散歩 青柳いづみこ著

Books Review

生誕150年の今年、ドビュッシーのピアノ曲を素材に、ピアニスト兼エッセイストとして活躍する著者が作品論のみならず作品から自由に発想を広げて多彩なうんちくを傾ける。評者は一読後、ミケランジェリやロジェのCDを聞きながら該当箇所を読み直したが、今まで気軽に聴いていた前奏曲集や組曲の興趣が俄然、いや増してきた。作曲家の意図、音楽的意味合い、演奏上の苦労や楽しみから当時のエピソードなど話は奔放に広がる。ドビュッシーのピアノ曲がみな題名つきなのも、連想を誘い、楽しむに最適なのだ。

「風にはためく帆のイメージの曲」などと解説する評論家もいる前奏曲集第1巻第2曲の「帆」では、「誰だ、帆なんて訳したのは」(女性の「ベール」が正しいと著者)に思わず笑った。ドビュッシーの人間像も浮き彫りにされ40曲どれも楽しめた。印象派の画家たちになぞらえて論じられることに対してもユニークな視点を提供している。(純)

中央公論新社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。