J・レノンの自筆歌詞がNYで競売に、ビートルズの楽曲

予想落札価格は30万─50万ドル

5月3日、元ビートルズのメンバー、故ジョン・レノンさんの手書きによる「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」の歌詞とメモが、ニューヨークで今月オークションに掛けられることになった。写真は出品される競売品のビデオから(2016年 ロイター)

[ロサンゼルス 3日 ロイター] - 元ビートルズのメンバー、故ジョン・レノンさんの手書きによる「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」の歌詞とメモが、ニューヨークで今月オークションに掛けられることになった。予想落札価格は30万─50万ドル(約3200万─5350万円)。

この曲は1967年にリリースされたアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の収納曲。

また、米ポップスターのレディ・ガガさんが5歳の時に初めて作曲した際に使用したピアノも出品される予定で、予想落札価格は10万─20万ドル。収益の一部はガガさんが創設した基金「Born This Way Foundation」に寄付されるという。

米競売会社ジュリアンズ・オークションズが21日に開くこの競売会には、著名なロック歌手ゆかりの品々数百点が出品される。

*内容を追加しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。