55万部!「翔んで埼玉」がバカ売れした理由

30年前の復刻マンガが、なぜ爆発したのか

そのほか、お正月時期に西武鉄道と東武鉄道の車内に「シール張り」の広告を出したことも、地方から埼玉に帰省した人に多く見られていたようで、効果が大きかったようだ。

埼玉県知事から「お墨付き」

『翔んで埼玉』は表紙のインパクトも強烈だ(画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

埼玉県民をディスる内容のマンガでありながら、埼玉県知事からオフィシャルコメントが寄せられ、これもまた話題を呼んだ。1月に埼玉県の観光イベントに招待され、上田清司埼玉県知事にサイン本をプレゼントしたところ、苦々しい顔をしながらも、「悪名は無名に勝る」と言ってくれたそうだ。埼玉県知事や各市長のコメントは「このマンガがすごい!WEB」で読める。

「魔夜さんが面白くて、今度の選挙で知事のこと"応援する”ってコメントしているんですけど、先生は今、神奈川県民だから応援できないんですよ(笑)」(薗部氏)。現在の目標部数は100万部。今後は映像化など、メディア展開を考えているという。

ちなみに、おそらく2匹目のドジョウを狙って3月25日にPHPが発売した魔夜氏復刻作品第2弾『う~ん、マンダム。』は現時点で3万2000部。やはり、『翔んで埼玉』はモンスターのようである。ストーリーが未完で終わっている『翔んで埼玉』、読者としては、続編を期待したいところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。