55万部!「翔んで埼玉」がバカ売れした理由

30年前の復刻マンガが、なぜ爆発したのか

なお、購入者の男女比は、男性が35%、女性が65%と、圧倒的に女性が多い。いちばん多い購入者年代は「40代女性」(24%)だ。

『翔んで埼玉』の判型(本のサイズ)は、通常のコミックに比べて、2まわりほど大きい「A5判」で、今はやりの「コミックエッセイ」本と同じサイズである。もしや、女性ウケを狙ってこのサイズに? 「いえ……たまたま白泉社で出していたサイズがA5だったので(笑)。でもそうですね、コミックエッセイコーナーにも置かれていますね」(薗部氏)。

コミックエッセイコーナーに置かれることで、マンガファン以外の層も取り込めたのだろう。 

埼玉県出身の著名人に本を送ったが……

第2書籍局第2編集部 このマンガがすごい!編集部 このマンガがすごい!WEB編集部 薗部真一編集長(撮影:今井 康一) 

初版20万部からわずか3カ月で55万部とは、さぞかしすごい販促活動を行ったのだろうか。

神木隆之介さんやAKB48小嶋陽菜さんなど、埼玉県出身の著名人は多い。埼玉県に縁のある著名人には本を送ったというが、実は、それが功を奏した印象はないと薗部さんは言う。

ただ、こういうことがあった。

「アンジュルムというハロープロジェクトのアイドルと仕事させていただいたときに、本をあげたんですよ。そしたらいつのまにか、モーニング娘。のメンバーの方が読んだと、ツイッターに書かれていることがありました。楽屋に置いてあったのを読んだそうです。関係あるのかもしれませんね」(薗部氏)。

本を送った人が直接ツイッターなどのSNSで書いたわけではないが、回り回って読んだ人がネットに書いたという印象を受けるという。そうしてじわじわとネットで口コミが広まっていった。

次ページそのほか仕掛けたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。