銀座の巨大な新名所はいかにして生まれたか

9年がかりで完成した東急プラザ銀座の全貌

一方、屋上のオープンテラス「KIRIKOTERRACE」には豊かな緑を配した「GREEN SIDE」と、広い水盤が特徴の「WATER SIDE」のふたつのゾーンを設置。気軽に立ち寄れる憩いの場として幅広い層にアピールしていきたい考えだ。

枝垂れ桜

晴海通りに面した斜めになったガラス部分が吹き抜けのパブリックスペース。また交差点側には3階へ直接アクセス可能なエスカレーターを設置

「GREEN SIDには日本の四季を表現するために枝垂れ桜を植えました。いまはモノを売るだけでは難しい時代。足を運ぶだけの価値がなければ、なかなか人は来てくれません。

ここを銀座に訪れた人が必ず行きたくなるような場にしたい。また、ファッションショーや各種パーティ、屋外映画上映会など、さまざまなイベントで利用できる貸スペースとしての運用も考えています」

そう語るのは、小玉さんと同じ銀座プロジェクト推進部の瀬志本藍さん。両スペースとも、江戸切子モチーフのガラス越しに銀座の街の景色が見渡せるのが武器だ。06年に改正された「銀座ルール」の最高高さ建物56メートル+屋上工作物10メートルとなるため、その眺望には大いに期待できる。

さらに、隣接する数寄屋橋公園を再整備し、“銀ぶら”途中の休憩はもちろん、四季折々の緑のなかでテイクアウトのフードやドリンクなどを楽しんでもらおう、という取り組みもある。

ブランド・ストリート

左は東急不動産 都市事業ユニット 都市事業本部 銀座プロジェクト推進部係長の瀬志本藍さん。右はグループリーダーの小玉潤さん。今回は東急プラザ銀座のテナント誘致などで中心的な役割を担ったおふたりに話をうかがった

フラッグシップストアのフロアと位置付ける1〜2階には、伝統を受け継ぎながら、革新的なスタイルを提案するブランドのグローバル旗艦店が集結。

バリーやキートン、エンポリオアルマーニ、グローブ・トロッターなどが軒を連ね、新たなブランド・ストリートを形成する。ただ、これだけのブランドを呼び込むには苦労があったようだ。

次ページテナント募集には、難しい面があった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT