海外で赤字続くも大和証券は業績回復歩調

日航の再上場案件手掛ける

大和証券グループ本社の収益力が安定性を取り戻しつつある。コスト削減効果を背景に2013年3月期9月中間決算(12年4~9月期)は、営業収益1134億円(第1四半期比0.4%減)、営業利益63億円(同49%増益)、純利益73億円 (同2.7倍)となった。

直近の第2四半期における目玉は日本航空の再上場に際し、単独グローバル・コーディネーターを務めたことだ。この案件が収益に寄与した。同四半期の「引受け・売出」関連手数料収益は125億円だったが、このうち、日本航空案件の収益は約55億円と大部分を占めたと言う。

一方、懸案事項である海外部門の収益建て直しは途上にとどまった。具体的には、米州は経常損益で3億円とわずかながらも黒字転換したものの、欧州は6億円の損失、アジア・オセアニアも17億円の損失であり、依然として、大和のボトルネックとなっている。とはいえ、海外を主体とする総額600億円のコスト削減の効果が発揮されているのは事実であり、損失継続とはいうものの、その額は縮小してきている。

「今期中の損益分岐点超えはむずかしいが、来(14年3月)期には実現できる」。岩本信之副社長がこういうように、市場環境次第ではあるものの、来期には一段の回復期待が抱ける余地が広がってきたようだ。

(撮影:吉野 純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。