海外で赤字続くも大和証券は業績回復歩調

日航の再上場案件手掛ける

大和証券グループ本社の収益力が安定性を取り戻しつつある。コスト削減効果を背景に2013年3月期9月中間決算(12年4~9月期)は、営業収益1134億円(第1四半期比0.4%減)、営業利益63億円(同49%増益)、純利益73億円 (同2.7倍)となった。

直近の第2四半期における目玉は日本航空の再上場に際し、単独グローバル・コーディネーターを務めたことだ。この案件が収益に寄与した。同四半期の「引受け・売出」関連手数料収益は125億円だったが、このうち、日本航空案件の収益は約55億円と大部分を占めたと言う。

一方、懸案事項である海外部門の収益建て直しは途上にとどまった。具体的には、米州は経常損益で3億円とわずかながらも黒字転換したものの、欧州は6億円の損失、アジア・オセアニアも17億円の損失であり、依然として、大和のボトルネックとなっている。とはいえ、海外を主体とする総額600億円のコスト削減の効果が発揮されているのは事実であり、損失継続とはいうものの、その額は縮小してきている。

「今期中の損益分岐点超えはむずかしいが、来(14年3月)期には実現できる」。岩本信之副社長がこういうように、市場環境次第ではあるものの、来期には一段の回復期待が抱ける余地が広がってきたようだ。

(撮影:吉野 純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT