アップル「13年ぶり減収減益」は意外に深刻だ

再浮上への手はすでに打っているが…

アップルは、サービスの売り上げを伸ばす道筋を作ることに成功した。これがうまくいけば、ハードウェアに大きく依存しているビジネス構造を切り替え、経済状況による変動を小さくすることができるわけだ。そこで、少しでも台数を伸ばすために売り出したのがiPhone SEなのである。

アップルによると、3月31日に発売された戦略商品であるiPhone SEとiPad Pro 9.7インチモデルの数字は、今回の1-3月期決算には反映されていないという。つまり、7月に発表される予定の来期の決算まで、その効果は計れない、ということだ。

裏を返せば、3カ月間の猶予が与えられているということだ。その点では、iPad Proの9.7インチモデルも重要だ。下落トレンドが止まらないiPadの販売台数を底打ちさせることができるだろうか。

iPad Proに課せられた新しい役割と必要な戦略

iPad Proの9.7インチモデルは、オリジナルのiPadのサイズを維持して、より高品質のディスプレイ、4スピーカー、コンパクトなカバー一体型のキーボード、Apple Pencil対応としながら、「パソコンの代替」という新たな役割を明確に打ち出した製品だ。

ただし、32ギガバイト(GB)の容量を搭載するiPad Proの599ドルという価格と、追加しなければならない169ドルのSmart Keyboardを合計すると、768ドルになる。グラフィックスも処理能力も非常に高い性能があるとはいえ、12インチ程度のWindowsノートパソコンが300ドル程度で手に入ることを考えると、高すぎる選択肢となってしまう。

その裏で、iPad Air 2は、16GBモデルを399ドル、64GBモデルを499ドルにそれぞれ値下げした。Smart Keyboardは利用できないが、こちらは価格競争力が高まった。

つまり、iPad Proだけでなく、iPad Air 2と合わせて、パソコンからの代替を狙っていくことができるかがカギだ。ウェブ、メール、文書作成、SNSなど基本的な用途についてはすでに使い勝手のいいアプリが用意されている。

あとは人々が持っている「パソコンでなければできないことが多い」という意識を解き、タブレットの魅力を納得してもらうことが課題になる。ここには、製品力ではない、マーケティング上の戦略が必要になるだろう。

アップルは良い製品を作ること(だけ)でユーザーの信頼を勝ち取ってきた。しかし、そのフェイズの終焉を決定づけることになったのが、今回の決算だろう。複雑な市場環境に対応するためには、より高度な戦略が必要になっているのだ。

すでに手は打っている。しかし、方向転換は簡単ではない。継続的な縮小に向かうのか、それとも事態を好転できるのかを判断するのは、次の決算ということになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT