プレミアム向けクラブでも国内2強に挑戦

ゴルフ用品世界首位・日本法人社長に聞く


--ここまでのグローレの評価はどういったものか。

ほぼ初挑戦の国内プレミアム市場で15~20%のシェアを確保している。この市場ではダンロップスポーツの「ゼクシオ」が圧倒的だが、2位をグローレとブリヂストンスポーツの「ファイズ」が競っている。

--テーラーメイドの国内2強に対するアドバンテージは何か。

2強と同じようなテクノロジーではダメだ。テクノロジーで圧倒するようなモデルで挑まないと新参者は勝負にならない。

今回発表した「グローレ リザーブ」(ドライバー)はゴルフ業界の方向性を変えるインパクトを持つテクノロジーを採用した。具体的にはドライバーヘッドのフェイスにカーボン素材を使っている。

カーボンコンポジット(カーボンに強化材を加えた素材)のドライバーヘッドは従来からあるので、新しくないと思われるかもしれない。しかし、過去のものとはまったく違う。最先端の宇宙・航空分野で使われているカーボンで、チタンよりも強い。これまであったカーボンコンポジットのドライバーヘッドは打った際の音が悪かったが、音にもこだわっている。素材は日本メーカーが開発したものだが、それを何層にも重ねるマルチレイヤー技術などを共同開発している。

--そもそもプレミアム市場とは8万円のドライバーが売れる日本の特殊な市場。ドライバーの中心価格帯が298ドル、高くても398ドルの米国には、このような市場はない。メインユーザーである団塊世代のゴルファー向けの市場だが、高齢化により中長期では縮小していく。若年ゴルファーは所得も少なく、プレミアム製品より海外ブランドを購入している。テーラーメイドはグローバルモデルを日本でも展開して伸びてきたのに、わざわざグローバルではない日本専用モデルを投入するのは戦略に反しないか。

確かにグローレはテーラーメイドのイメージではないかもしれない。グローバルでもさまざまな議論があった。が、グローバルなテーラーメイドの戦略において、日本市場での成功は利益貢献という意味で非常に重要。日本でのシェアを現在より高めようと考えた場合、日本市場の約50%を占めているプレミアム市場でのシェアを増やす必要がある。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT