プレミアム向けクラブでも国内2強に挑戦

ゴルフ用品世界首位・日本法人社長に聞く


グローレは日本とアジアの一部限定のブランドだが、トヨタ自動車の「レクサス」のようなブランドだと考えている。

--グローレをグローバルに展開することは。

グローバル展開は考えていない。グローバルのテーラーメイドは、ブランドのトップがツアーモデルというシンプルな考え方だ。ただ、グローレのようなプレミアムモデルは日本、韓国、中国、台湾には必要だ。

--中国市場はまだ規模は小さいが、プレミアム市場として期待できるか。

中国はマーケットとしてまだまだ大きくはない。


--米国でプレミアム市場を作り出すことは。

米国で1000ドルのドライバーは売れないだろう。米国と日本の市場の違いはゴルフが育った環境の違いだ。米国ではゴルフは生活に密着していて、平日の夕方にふらっとコースに行ける。週末に家族で気軽に楽しめる。そうした中で用具におカネをかけない。

日本ではもともと接待や仕事の延長にゴルフがあった。ゴルフ場はハレの舞台でもある。

--そうすると、グローバルなテーラーメイドにおけるグローレや日本市場の持つ意味は。

テクノロジーやマーケティングなどかなりの部分で日本がリードしている。日本をグローバルがまねていると言うと本社の人間は嫌がるが、日本での成功が先行した事例は多い。

(大人向けの洗練されたゴルフアパレルの)「アシュワース」は、日本ではコンセプトショップを立ち上げて、イメージ作りからやっている。これはグローバルでも参考にされている。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT