プレミアム向けクラブでも国内2強に挑戦

ゴルフ用品世界首位・日本法人社長に聞く


グローレ リザーブは、日本で成功すればテクノロジーなど基本コンセプトは米国でも展開していくはずだ。そうなれば、グローバルなスケールメリットでコストダウンもできる。そのコストメリットを新しい製品・テクノロジーを出していくのに使っていく。つねに革新的なモノを出し続けてユーザーにメリットを与える--それがテーラーメイドの企業ポリシーだ。

テクノロジーでは国内メーカーだけではなく、アクシネット(主ブランドは「タイトリスト」)やキャロウェイといった米国メーカーと比べても5~10年進んでいると自負している。

--今後の日本展開の戦略は。

「テーラーメイド」「アディダスゴルフ」「アシュワース」、今年買収した「アダムス・ゴルフ」、それに「グローレ」を加えたマルチブランド展開を成功させていく。

アダムス・ゴルフは小さい会社で米国市場だけで手いっぱいだった。日本では代理店がないも同然だったが、これもわれわれが扱っていく。もう少ししたらお話できる。

(聞き手:山田 雄大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT