ネズミ講が自己啓発と結び付いた最大の理由

「自分は何でもできる」と思う人を育て上げる

この「自分で自分を変えられる」という考え方は、当然ながら、「自分はなんでもできる」という思考につながっていく。自分の行動と思考レベルを高めれば、仕事人としても十分な成果が出るはずだからだ。そして、「望んだ結果は、必ず手に入る」ということになる。

米国で花開いたヒッピー文化は、カウンターカルチャーと呼ばれる文化をも生み出した。そしてヒッピー文化の構成員たちはニューエイジとも呼ばれ、自然と同化し、そして無限の潜在能力を秘めていることを説いた。

レヴィンやエスリン研究所は、まだ、純粋な人間への関心と学問的興味から手法を生み出していた。いくつかの学術研究からも、現代の臨床心理学につながった側面が見て取れる。しかし、それをビジネスに展開しようとするひとたちも、やはり現れていく。

有名なところを述べると、アレクサンダー・エベレットは「マインド・ダイナミックス」社を設立、ウィリアム・ペン・パトリックは「リーダーシップ・ダイナミックス・インスティテュート」を設立した。この2社は、かかわりながらビジネスパーソン向けの自己啓発セミナービジネスを拡大していく。そして、後者「リーダーシップ・ダイナミックス・インスティテュート」のウィリアム・ペン・パトリックこそ、ホリディマジックの創始者だった。

こうやって、ビジネスの世界と、自己啓発とが、いちゃつくことになる。

ホリディマジック商法

ところで、ホリディマジックのビジネスを説明しておこう。その前に、化粧品についても解説せねばならない。化粧品は製造原価がきわめて低く、販売金額の10%、ものによっては5%程度のものもある。しかし、化粧品メーカーが儲けているかというと、各社の決算書をご覧になるとおわかりのとおり、むしろ薄利に甘んじている。理由は、マーケティング、宣伝広告費用がかかるのと、販売員を莫大に抱えなければならないのと、流通段階でさまざまなマージンが加算されるからだ。

ここに目をつけたのがホリディマジックだった。つまり、販売員になる権利を販売し、誰もがセールスパーソンになれるようにした。そして直接販売によって、割引販売を進めた。そして販売員にインセンティブ制度をつくり、紹介販売によって金銭を享受できるようにした。

次ページ「ホリディガール」の仕組みとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。