技術革新によって大量失業は起きるか

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授

 技術革新でチェス業界に起きた「逆転」現象

特殊だが、教訓に富む例はプロのチェス界にある。70~80年代、コンピュータのチェスの腕前が人間を超えると多くのチェスプレーヤーは用済みになるとおそれていた。

そしてついに97年、IBMの「ディープ・ブルー」が、チェス世界チャンピオンのガルリ・カスパロフを短い試合で破った。すると、チェスのスポンサー企業は、こぞって人間同士のチャンピオン戦主催のために何百万ドルも支払うことためらい始めたのである。

実際、トッププレーヤーの数名は現在も非常によい暮らしをしているものの、ピーク時ほどではない。二番手グループのプレーヤーたちがトーナメントや公開試合で稼ぐ金額も、70年代と比較して実質ベースで大きく減少している。

一方で興味深いことも起きている。今日、プロのチェスプレーヤーとして生計を立てている人の数は過去最多となった。コンピュータとオンラインで試合ができるようになったことで、多くの国の若者の間でチェスがブームになったのである。

一方、学校でチェスを教えることを法制化したのは、アルメニアやモルドバなど数カ国程度にすぎない。そこで、代わりに何千人ものチェスプレーヤーが子どもたちにチェスを教えることで、驚くほどよい収入を得るようになった。「ディープ・ブルー」以前に、プロとして生計が立てられたのは数百人程度だ。

たとえば、米国の多くの都市では優秀なチェスの講師は1時間に100~150ドル以上も稼ぐ。昨日まで失業していたプレーヤーがその気で働けば、数十万ドルの年収を稼ぐことができるのだ。これは技術が収入格差の是正に貢献できる可能性を示す一例だ。二番手グループでも、優秀な講師ならばトーナメントのトッププレーヤー並みかそれ以上に稼げる。

次ページ人間は馬とは違う
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。