技術革新によって大量失業は起きるか

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授

もちろん、チェスプレーヤーの収入を左右する要素は複雑で、私は事を単純化しすぎているだろう。が、基本的なポイントは、市場には、仕事や機会を誰も予想しえないものに変えるすべがあるということだ。

技術革新はよいことばかりではなく、移行期に苦痛を伴うこともある。たとえば、デトロイトの失業中の自動車製造労働者は研修を受ければ病院の検査技師になれる能力を有しているかもしれないが、長年仕事にプライドを持ってきたその人は転職を嫌がることもありうる。

私の知り合いで、20年前のことだが、トーナメントで賞金を稼げることにプライドを持っていたチェスの名人がいた。彼は子どもたちに「お馬さんがどう動くか」を教える仕事には就くまいと誓っていた(「お馬さん」は馬とも呼ばれるナイトのこと)。その彼も今やチェスを教えることで、競技以上の収入を得ている。

もちろん、今後の技術革新はこれまでと違ったものになるかもしれず、過去の経験から未来を予想するには注意が必要だ。たとえば、技術の進歩が加速することで、人類はより複雑な経済や道徳的な問題に直面するはずだ。それでも技術革新によって今後20~30年で大量の失業が発生すると示唆するものは何もない。

急速な技術革新の結果として失業が一定程度増える可能性はある。随所が硬直してスムーズな調整が妨げられている欧州のような地域では特にそうだろう。が、この数年の高水準の失業は主に金融危機によるもので、最終的には歴史的な水準に落ち着いてくるはずだ。人間は用済みになった馬とは違うのである。

(週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。