ノーベル平和賞のEU、欧州統合の歴史【1】

経済統合が開始されてから20年以上経つ80年代になっても、国境には検査を受けるトラックの列が長々と続いていた。関税が撤廃された後も、各国はそれぞれの伝統的あるいは固有の法律を盾に、自国の産業を保護しようとした。国境では依然として、国家利害が統合の進展を妨げていたのだ。

欧州統合の道のりは、統合の深化が時代的要請から進んでいく一方、国家主権をめぐる対立でしばしば停滞する。ユーロ諸国の財政統合がなかなか進展しないのも、その延長線上にある話である。

50年代から70年代にかけ、ESCS、EEC、EC誕生、EC拡大へと進んだが、その先には停滞が待っていた。停滞の壁はどうやって乗り越えることができたのか。停滞を象徴する国境の風景が一気に変わったのは、80年代半ばだった。(【2】へ続く)


(ジャーナリスト=伴野文夫)

東洋経済は本稿を含む欧州連合(EU)や通貨ユーロの理念や成立までの歴史を検証した「日本人のためのユーロ危機入門」(=下写真=)を9月28日に発売している。

詳しい情報はこちらをクリック

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。