ノーベル平和賞のEU、欧州統合の歴史【1】

平和への貢献が評価され、欧州連合(EU)がノーベル平和賞を受賞した。欧州では単一通貨ユーロをめぐる混乱が続くが、その通貨統一も平和と経済発展を目指した智恵といえる。欧州統合に至る60年間の歴史を振り返る。

1939年、ナチス・ドイツのポーランド侵攻で突入した第2次世界大戦で、欧州は再び炎上した。ナショナリズムの相克は行き着くところまで行き着いた。欧州全域が焦土と化し、二つの大戦で数千万人の命が失われた。

戦後の荒廃の中で、欧州人は考えた。戦争だけはもう二度と起こしてはならない。気がつけば欧州は、米国とソビエト連邦という二大陣営の狭間で惨めな姿をさらしている。どうすればよいのか。

この歴史的な難問に、鮮やかな回答を見つけたのは、ジャン・モネという名のフランス人だった。モネはそのすばらしい発想と比類なき行動力で難問に解を与え、将来の欧州統合に至る道筋をつけることに成功した。数多い「欧州統合の父」の中で一人を選ぶとしたら、この人ジャン・モネを置いて他にない。


(「欧州統合の父」ジャン・モネ)European Union,2012

モネは考えた。独仏は何ゆえに血みどろの抗争を繰り返すのか。いちばんの要因は、両国の国境地帯にある戦略物資、石炭と鉄鋼の鉱脈の争奪戦にある。それならば、この資源を両国の共同の管理下に置けばよいではないか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。