ノーベル平和賞のEU、欧州統合の歴史【1】

平和への貢献が評価され、欧州連合(EU)がノーベル平和賞を受賞した。欧州では単一通貨ユーロをめぐる混乱が続くが、その通貨統一も平和と経済発展を目指した智恵といえる。欧州統合に至る60年間の歴史を振り返る。

1939年、ナチス・ドイツのポーランド侵攻で突入した第2次世界大戦で、欧州は再び炎上した。ナショナリズムの相克は行き着くところまで行き着いた。欧州全域が焦土と化し、二つの大戦で数千万人の命が失われた。

戦後の荒廃の中で、欧州人は考えた。戦争だけはもう二度と起こしてはならない。気がつけば欧州は、米国とソビエト連邦という二大陣営の狭間で惨めな姿をさらしている。どうすればよいのか。

この歴史的な難問に、鮮やかな回答を見つけたのは、ジャン・モネという名のフランス人だった。モネはそのすばらしい発想と比類なき行動力で難問に解を与え、将来の欧州統合に至る道筋をつけることに成功した。数多い「欧州統合の父」の中で一人を選ぶとしたら、この人ジャン・モネを置いて他にない。


(「欧州統合の父」ジャン・モネ)European Union,2012

モネは考えた。独仏は何ゆえに血みどろの抗争を繰り返すのか。いちばんの要因は、両国の国境地帯にある戦略物資、石炭と鉄鋼の鉱脈の争奪戦にある。それならば、この資源を両国の共同の管理下に置けばよいではないか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT