ブラジル、ルセフ大統領退陣ならどうなる?

下院で弾劾手続き可決、5月に上院で採決へ

4月18日、下院本会議の弾劾決議を受けての記者会見で、「私は戦い続ける」と対決姿勢を鮮明にしたルセフ大統領(AP/アフロ)

4月17日、ブラジルの議会下院(代議院)はルセフ大統領に対する弾劾手続きを可決した。今後は議会上院(元老院)において弾劾手続きの可否に関する審議が行われる。

一昨年後半以降の長期にわたる原油をはじめとする国際商品市況の低迷に加えて、中国経済がひと頃の勢いを失い、世界経済に下押し圧力がかかっている。なかでも、ブラジルの2015年の経済成長率は前年比マイナス3.8%となり、世界金融危機の影響が色濃く現われた2009年(同マイナス0.1%)以来のマイナス成長に陥った。

金融市場においては今年も2年連続でマイナス成長となるとの見方が根強く、そうなればブラジルにとっては世界恐慌以来の異常事態となる可能性が懸念されている。

背景はルセフ政権の経済政策に対する不満

こうした中、ブラジルでは政治を巡る混乱が表面化してきた。ルセフ大統領は2014年末の大統領選挙で辛くも再選を果たしたものの、長期にわたる景気低迷に対して有効な手立てを打ち出せていない。さらに、国営石油公社(ペトロブラス)を巡る汚職問題が政権及び与党労働者党(PT)の有力政治家に波及しており、政権に対する支持率は現状10%程度で推移するなど「警戒水域」に突入している。

2015年末に議会下院においてルセフ大統領に対する弾劾手続きに向けた検討が承認されたことで、ルセフ政権に対する国内外からの風当たりは一段と強まっていた。

次ページ弾劾申請が行われた直接的な原因は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT