作業がはかどる「朝の30分」こそムダ話に使え

「仕事だけの組織では、仕事が行き詰まる」

井手氏は、このチームビルディング・プログラムを、会社に帰ってそのまま一部社員に実施した。

「もちろん、当社で実施したときも、雰囲気は悪くなりました。しかし、ミッションを達成するためには、元気づけ合って、協力していくしかない。また、お互いの個性を理解しあう必要もあります。たとえば作戦を考えるのが得意な人、みんなを明るくするのが得意な人など、役割分担を決め、全員が次にどうするか話し合って、合意しながら進んでいくしかないんです。そして、全員が息を合わせれば、難しいミッションも達成できるとわかると、皆が楽しくなってくる。ポイントは、個性の相互理解と、一体感だったんです。その後、最初にチームビルディング・プログラムを受講した面々は、何か発案すると『じゃあ、あの調子でやってみよう!』と自ら動く集団になっていきました」

朝礼で仕事の話なんかしなくていい

その後、井手氏は、相互理解と一体感を深めるための施策を次々打っていった。最初の施策は「ムダ話をすること」。その場は朝礼だった。

「チームビルディング・プログラムに参加したあと、思い切って『朝礼では仕事の話なんかしなくていいよ』と言いました。もちろん皆から『じゃあ何のために朝礼をやるんだ』と大ブーイングを喰らいましたよ」

仕事がはかどる朝の20~30分をムダ話に使うと決めたのだ。理由はただひとつ。お互いが個性を知り、信頼関係を築くためだ。仕事は、頼み事やミスのフォローなど、お互いの価値観のズレを補う作業の連続だ。人間関係ができていなければ「こんなことできない」「私はやらない」といった雰囲気が蔓延するに決まっている。

「その後、チームビルディング・プログラムに出てくれたメンバーは、心を開いて『昨日、うちで飼っている猫が~』なんて話をしてくれるようになりました。でも、ほかの社員は、わざわざ私に『1週間に一度でよくないですか?』『ムダだからやめてください』と言いにきましたよ」

最近の朝礼の様子。和やかな雰囲気で「ムダ話」に花が咲く

井手氏は、ひとりひとりに朝礼の意味を説明した。

「自分の思いをかみ砕き『仕事だけうまくやろうという組織にしようと思うと、結局、その仕事がうまくいかないんです』などと話しました。一方的に『ウチの朝礼はこうだ』と話し、合意できないまま押しつけても、心の中でわだかまりが残るだけですから」

次第に興味深い現象が現われた。井手氏の思いは、波紋のような同心円を描き広がっていったのだ。朝礼で積極的に発言する社員たちが、他の社員に「もっと話そうよ」と声をかけ始めた。

「私も『絶対否定はしないよ』と言い続けました。誰だって、否定されて、嫌な思いをするのが怖いんです。そして、みんなが心を開いてくれるのを待ったのです。すると、次第に朝礼が盛り上がるようになってきました」

次ページ「企業の雰囲気」という目に見えないもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。