作業がはかどる「朝の30分」こそムダ話に使え

「仕事だけの組織では、仕事が行き詰まる」

最近、井手氏が話したことを聞くと、彼は面白おかしく「スリッパ事件」について話す。イタズラ好きの社員が、仲のよい社員と「トイレに入った隙にスリッパを隠す」遊びをしていた。ある日、井手氏がトイレから出ると、スリッパが遠くに放置されている。井手氏が「?」と思っていると、犯人が真っ青になって謝りに来た――。まさか社長のスリッパとは思わず、隠してしまったというのだ。

「”そんなアホなことやってんのか!”と盛り上がりましたよ。会話に生産性はないけど、周囲と仲良くなれそうな気がしませんか? しかも、朝礼でキャラや言動がわかってくると、いじりやすくなってくる。すると、仕事上でも議論が活発になります」

井手氏が話を継ぐ。

「そもそも議論って、普段からの信頼関係があるからできるんです。赤の他人といきなり意見をぶつけ合えと言われても、相手が感情的になるかもしれないし、自分だって否定されるのはいやだから、本音が言えない。一方、普段『仲間』として振る舞っていれば、真剣な場面で『私はこう思う』と発言できる」

社内文書でも社長を「てんちょ」とニックネームで書く

働く楽しさは、組織の中で、どれだけ自分らしく振る舞え、自分の意見が言えるかと比例する。社員が「参加意識」を持ち、会社の仕事を、イコール「自分の仕事」と思う組織を作るためには「自由にモノが言い合える」環境が必要だったのだ。

井手氏は同様の施策を連発した。ある日「今日からは上司も部下も関係なし! お互いをニックネームで呼び合いましょう!」と発案した。反発はあったが、社内文書でも「てんちょ」「ハラケン」「なおじい」「あづあづ」といった名前が並ぶこととなった。

次に井手氏は、部署名も変えてしまった。たとえば物流は「ハッピーお届け隊」、広報は「よなよなエール広め隊」、人事・総務は「ヤッホー盛り上げ隊」……。

理由は明確だ。

企業はそれぞれ「シェアードバリュー」を持っている。直訳すれば「共有された価値」。明文化されず、自然と社員が「ウチの会社はこうするのが当然」と考える価値観を指す。

自由な雰囲気が、製品名にも表れる。写真は「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」

そして、この明文化されていないシェアードバリューがやっかいなのだ。「ウチの会社は面倒な仕事をしたら負け」「目立つと叩かれる」……こういった潜在的な思考回路はなかなか変えられない。

では、どうするか。ここで少し筆者の発言を許してほしい。以前、LCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションを取材した時のこと。同社のエレベーターには、女性らしい文字で「1階だけの関係ならお断りよ」と貼り紙があった。「1階の移動なら階段を使おう」という意味だ。電灯のスイッチの隣には「灯りを消・し・て」と書いてあった。無駄な電気は使うな、という意味だ。その後、社長に「電気代まで削ることに意味があるのですか?」と聞くと、こう返ってきた。

「経理上の意味はあまりありません(笑)。でも、社員に『ムダなおカネは1円も使わない』という意識を徹底して持ってもらいたいから貼っています。会議の席上『これくらいの出費ならいいか』という雰囲気が蔓延すると、次第にみんなそう思うようになり、結果、『安い』という当社の特異性が失われかねません」

井手氏の施策も同様に、社のシェアードバリューを変えていった。同社が「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」など面白おかしい名の製品を世に出し「宴」で社員がユーザーと交流してファンを増やせた理由がここにある。彼らは「企業の雰囲気」という目に見えないもの――だからこそやっかいなものを劇的に変えたのだ。

(写真提供:ヤッホーブルーイング)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。