熊本地震、命綱のコンビニが進めていること

ファミマは有事に備えていた水工場が大活躍

ファミリーマートは2009年に稼働した宮崎県の水工場が大活躍している。当時は社長だった上田準二・現会長が「何かあったときに絶対に水は必要となる」との思いから、独自に水工場を作った。今回は4月17日に緊急支援物資として、5万4000本を熊本県に送った。そこから各避難所に送られる。

東日本大震災の時は、準備ができた物資から随時送っていたが、大量に届いた物資に行政側も困惑した。その教訓から、今回は震災発生直後から自治体と緊密に連携を取り、物資が各避難所に届く体制が整ったのを受けてから大量の水を供給した。

コスモス薬品は順次営業を再開

九州地方を地盤とするディスカウント型ドラッグストア、コスモス薬品は、熊本県内に86店舗を展開している。16日の土曜日時点で、熊本市内の全店と市外の32店舗、大分県の3店舗で休業していたが、18日から順次営業再開店舗を増やし、18日16時現在での休業店舗は19店舗まで縮小している。

ただ、熊本市近郊で営業を再開した44店舗では、通常よりも営業時間を4時間短縮して、10時開店、18時閉店となっている。さらに、熊本市内を中心とした14店舗では、店舗が激しく損傷しており、当面の営業再開は見込めないという。

コスモス薬品は、ドラッグストアながらも商品の半分以上を食料品が占める。冷凍食品や野菜なども展開しており、揺れと停電による商品の損傷は激しい。また、営業を再開した店舗には、水と食品を求めて客が殺到しているものの、商品の供給が止まっているところも少なくなく、品薄が続いている状況だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。