中国企業がバングラデシュに生産拠点を移す時代に!--アジア進出企業の前に立ちはだかる壁

 

--人件費を上げなければ、不満が爆発するということですね。

国や企業によってストライキの要因は違いますが、原理は同じです。実際、この会社があるチッタゴンでは、しばしば暴動が発生しています。前掲の会社では発生していませんが、こうした新興国の二次請け、三次請けともなると、かなりキツい環境で働いています。

もちろん発注する側も、生産委託の際に相手側に求めるコードオブコンダクト(行動規範)があり、これを順守するよう求めています。ファストファッションのサプライチェーンも以前のように「安くて、まあまあ、であれば、委託先は何処でも良い」という時代でもなくなりました。

「安い人件費でこき使っている」というネガティブイメージはブランドを傷つけます。一昔前は、こうした「下請け工場での劣悪な労働環境」や「児童労働」などが人権団体によって告発され、マスコミで叩かれたり、問題になりました。発注する側から見れば、委託先の労働環境までカバーできないのが、現実だったわけですが、今は相当に気を使っています。人権に対する厳しい目やコンプライアンスの向上は、もちろん良いことですが、これらもまた賃金上昇に拍車をかけていることも事実です。

企業のグローバル戦略を日本からみると、どうしても「日本と新興国」、「先進国と新興国」という軸で物事を見がちなのですが、実際は新興国間で企業が生産シフトしたり、相互参入しています。

「外資系企業の中国脱出」が注目されていましたが、現在はさらに複雑です。VANCLという中国企業がありますが、いわば「中国版ユニクロ」のような同社がバングラデシュに進出し、話題になっています。中国の繊維メーカー自らが、中国での生産から、バングラデシュにシフトしていると言うのが今の状況です。こうした目まぐるしい状況変化の一つが、賃金ということかもしれません。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。