中国企業がバングラデシュに生産拠点を移す時代に!--アジア進出企業の前に立ちはだかる壁

 

事業が成功すれば賃金は上昇する

--確かに、ストライキや暴動のニュースが増えていますね。

安い人件費を求めて海外に進出していきますが、安い人件費のまま企業と従業員が、いつまでもWin−Winになれるわけではありません。

低賃金労働の最前線であるファストファッションで例を出すと、バングラデシュ第二の都市チッタゴンにパシフィック・ジーンズという会社があります。この会社は最大手のジーンズ製造会社ですが、いわば「巨大下請け会社」です。世界中のファストファッションが顧客になっていて、ギャップもH&MもユニクロもZARAもオールドネイビーも全部、この会社の顧客です。

最新設備を導入し、世界中のブランドに年間3000万本のジーンズを作る--しばらく続くでしょうけれども、先行きが明るければ明るいだけ、「顧客、つまり日系企業や先進国企業との関係性」はいつか変わる時が来ます。

世界中のファストファッション全部を顧客にするパワーは、やがて脅威になる日がやってきます。ある意味で台湾のフォクスコン(ホンハイ)のようなものです。ホンハイも昔は単なるEMSの会社でしたが、今やご存知の通り、日本の電機大手の命運を握る会社になりました。途上国企業が成功すれば、その賃金は上がって当たり前です。

しかも、先進国の各企業のアジアでの投資スピードが上がっている分、さらに賃金上昇圧力は増しています。成功すれば、人件費は上げざるを得ません。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。