園芸・ペット・LED照明 今、復興フロントランナー--大山健太郎 アイリスオーヤマ社長《中》

「鯨のような」大型商品は、まるで「業態」の完成を待ち構えていたかのように出現した。LED照明である。本格的なLED照明についてはアイリスオーヤマは最後発。が、去年100億円の売り上げを今年300億円、再来年は1000億円に拡大する大方針を掲げている。

「マーケットはある。後はわれわれの努力次第。日本の照明を変えるには、それくらいやらないと、間に合わないでしょう」

ポイントは価格だ。LED電球の当初の価格は1個6000円だった。6000円になるのは、家電大手の値決めがコストを積み上げる足し算だから。アイリスオーヤマは値頃感から「逆算」する。「いくらなら買ってもらえるか。LED電球に替えれば白熱電球に比べ1年で2000円、電気料金を節約できる。なら、2000円で売ろう」。そこから先は、「業態」力の本領発揮だ。

「デパートメントファクトリー」を駆使し、極力内製化する。開発は伴走方式と称して、設計、購買、品質・特許管理のスタッフを一堂に集め、横一線でスタート。生産能力はつねに30%の余裕を持たせる、というのが設備投資方針だから、想定外の需要の急拡大にも即、対応できる。

(下に続く)=敬称略=

おおやま・けんたろう
最も重要な会議が「新商品開発会議」だ。毎週月曜日、大山が自ら主宰し、毎年1000アイテムの新商品を送り出す。「今、自動車を作れ、と言われてもできない。だけど、いずれ作るかも知れない。われわれが作ることによってお客さんが満足できるなら。やりたいかどうかではなく、主語はお客さん」。

(撮影:今 祥雄 =週刊東洋経済2012年9月15日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT