園芸・ペット・LED照明 今、復興フロントランナー--大山健太郎 アイリスオーヤマ社長《中》

次に手掛けたのがペット用品だ。大山は「ペットのリンカーンになる」と宣言した。犬を鎖から解き放ち、サークルの中で飼う。家の中で飼えるよう専用トイレも開発した。清掃が容易で清潔さが売りのプラスチック製犬小屋は、大ヒットとなった。

ところが、園芸・ペットを両輪に急成長したアイリスオーヤマに大転換点が訪れる。HCからクレームが来た。「貴社との取引額は問屋を上回る規模になっている。であるなら、問屋と同じサービスをしてほしい」。HCは配送や陳列、店頭での販促を問屋の「応援」に依存していた。「応援」ができないのなら、直販ではなく、問屋を通してほしい──。

石油危機の屈辱を忘れない大山にとって、問屋を通すことは論外だ。第3の道=「メーカーベンダー」として、メーカーでありながら、自ら問屋になる道を選んだ。この決断によって大山は、独自の思想を確立した。アイリスオーヤマは「業種」を離れ、「業態」になったのである。

大山によれば、メーカーは業種だ。種(シーズ)を業(なりわい)とし、一つのシーズに固執する。対して、メーカーベンダーは業態だ。態=状況を業とし、状況に応じて変化し続ける。

「問屋になった以上、売り場に責任を持たねばならない。犬小屋は作るがシートやペットフードはありません、とは言えない」。消費者の本当のニーズ(態)を求め、開発に次ぐ開発が宿命となった。「開発はあくまで生活者目線。今日の満足は明日の不満」が大山の口癖である。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT