3000円のビールは、なぜ一晩で完売したのか

持たざる者の「逆を突く」戦略とは?

「どんどん個性を出していったのです。実はメルマガも『暑くなってきたので、夏野菜とビールはいかがですか?』といった無難な内容だと、まったく反応がなかった。そこで、大まじめにバカなことをして、当時は数少なかったファンに喜んでもらおう、と考えたんですね」

ビール300「万」円引きで新規顧客獲得

そこで書いたメルマガのタイトルが『驚異の300万円引き!』。300円でなく300「万」円だ。1日1本飲むと、休肝日も勘定に入れると月に1ケース(24本)くらいになるだろうか。夫婦で月2ケースを50年間続けると、ざっと750万円になる。そこで「450万円お支払いいただけば50年間ずっとビールをお届けします! お客様が北海道でも沖縄でも、酒屋らしい集金袋を持っておカネを受け取りに参上します!」と書いたのだ。申し込みはゼロだったが、ネット上で大いにウケ、新規ファン獲得に効果があったという。

その後は、ファンとの距離を縮めるため、ビアバーで社員とファンが触れ合う「宴」を開催、チケットがすぐ完売してしまうほどファンが増えた時期に、ネット上で新製品発表に合わせ、飲み会を開催した。

ローソンで大ヒットした「僕ビール、君ビール。」

「『僕ビール、君ビール。』というローソン共同開発製品の発売時に打った施策です。ユーストリームなどで中継しながらファンと乾杯しました。このビールは、缶にかえるの絵がデザインしてあります。そこで『かえる捕獲大作戦』を行いました。ファンから『山梨県のローソンで”僕ビール、君ビール。”を買った』という報告が入ると、選挙速報のように、背後の日本地図の山梨県の部分に花を飾るんです」

このプロモーションもあたった。「僕ビール、君ビール。」は、ローソン担当者も驚くのほどの大きな反響を呼んだ。

これらの成功を受け、いまや社員も、ありきたりな施策があると「それはウチらしくない」と言うまでに思考回路が変わっている。

「非常識だと思われてもいい。ネットでの販売も、クラフトビールも、ここ20年で根付いたもの。逆に、今までの常識通りに働いていたら、弊社はとっくの昔になくなっていたでしょう」

(写真提供:ヤッホーブルーイング)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。