3000円のビールは、なぜ一晩で完売したのか

持たざる者の「逆を突く」戦略とは?

「どんどん個性を出していったのです。実はメルマガも『暑くなってきたので、夏野菜とビールはいかがですか?』といった無難な内容だと、まったく反応がなかった。そこで、大まじめにバカなことをして、当時は数少なかったファンに喜んでもらおう、と考えたんですね」

ビール300「万」円引きで新規顧客獲得

そこで書いたメルマガのタイトルが『驚異の300万円引き!』。300円でなく300「万」円だ。1日1本飲むと、休肝日も勘定に入れると月に1ケース(24本)くらいになるだろうか。夫婦で月2ケースを50年間続けると、ざっと750万円になる。そこで「450万円お支払いいただけば50年間ずっとビールをお届けします! お客様が北海道でも沖縄でも、酒屋らしい集金袋を持っておカネを受け取りに参上します!」と書いたのだ。申し込みはゼロだったが、ネット上で大いにウケ、新規ファン獲得に効果があったという。

その後は、ファンとの距離を縮めるため、ビアバーで社員とファンが触れ合う「宴」を開催、チケットがすぐ完売してしまうほどファンが増えた時期に、ネット上で新製品発表に合わせ、飲み会を開催した。

ローソンで大ヒットした「僕ビール、君ビール。」

「『僕ビール、君ビール。』というローソン共同開発製品の発売時に打った施策です。ユーストリームなどで中継しながらファンと乾杯しました。このビールは、缶にかえるの絵がデザインしてあります。そこで『かえる捕獲大作戦』を行いました。ファンから『山梨県のローソンで”僕ビール、君ビール。”を買った』という報告が入ると、選挙速報のように、背後の日本地図の山梨県の部分に花を飾るんです」

このプロモーションもあたった。「僕ビール、君ビール。」は、ローソン担当者も驚くのほどの大きな反響を呼んだ。

これらの成功を受け、いまや社員も、ありきたりな施策があると「それはウチらしくない」と言うまでに思考回路が変わっている。

「非常識だと思われてもいい。ネットでの販売も、クラフトビールも、ここ20年で根付いたもの。逆に、今までの常識通りに働いていたら、弊社はとっくの昔になくなっていたでしょう」

(写真提供:ヤッホーブルーイング)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT