「偽善者でもいい!」伊那食品のブレない哲学

達人経営者が極めた掃除哲学と凡事継続

セミナーの最後に、掃除をしたら業績が良くなりますか、と日頃の疑問を尋ねてみました。お2人とも、会社の業績が厳しいときに、黙々と掃除をすることで会社を軌道に乗せられた実績があります。でもお2人は異口同音に「掃除をしたからと言って、業績が良くなるという、そんな単純なものではない」と言われました。

鍵山相談役は、イエローハット創業時から、働く環境をキレイにしてきました。人手不足で、転職を繰り返してきた社員を多く採用した時代です。彼らの荒んだ気持ちを、すこしでも穏やかにしようと心がけたのです。でも最初の10年は社員の変化もなく、迷いながら独り掃除を続けたと言います。すると12年目ごろから社員が自主的に掃除や洗車をするようになりました。

さらに10年経つと、ほとんどの社員が朝早くから、会社だけでなく近隣の道路も掃除し始めました。さらに10年後、マスコミの取材も増加、韓国やドイツからも取材が来るようになりました。中国の格言に「10年偉大なり、20年畏るべし、30年にして歴史なる」とありますが、まさにその通り。掃除をして、キレイになって、それで直ぐに、ハイ業績も上がりました、という訳ではない。10年、20年という長い時間の積み重ねが必要、と言われます

何事も続けていくことが大事と「凡事継続」を標榜

続いて、塚越会長がこうつけ加えられました。

「経営ノウハウ、戦術、戦略、全て必要です。でも掃除は、もっと根源的な、人間的な精神を構築するために大切なものだと思います。人の優しさ、思いやり、そういった人間として大切なものを涵養するのが掃除です」

鍵山相談役は、掃除も3年ぐらいでマンネリになるが、昨日より今日、今日より明日という考えで取り組む「凡事徹底」を強調されました。塚越会長は、掃除に限らず何事も続けていくことが大事と「凡事継続」を標榜されました。長年掃除を続けられたお二方ならではの、重い言葉でした。

この話は実は経営だけではありません。家庭も同じです。

しっかりした家は、玄関の靴がそろっています。トイレがキレイです。家の中がキレイに片付いています。一方、テレビで事件のあった家が写し出されることがあります。汚い。ベランダはゴミの山。根源的なところが狂っているようです。

でもただ単に、キレイになればよいというものでもありません。キレイになったという結果ではなく、キレイにするという気持ち、行為、プロセスが大事なのです。会社も家庭も同じです。自分の手で掃除を継続してすることで、会社も家庭も元気になると思います。お掃除ロボットでは、いくらキレイになっても元気になりませんよ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT