ホークス新拠点「選手と共に育つ街」の大勝負

周辺地域の力を結集、山積みの課題に挑んだ

加えて、駅前の広域公園の活用も進めたい考えだ。敷地内には運動公園や体育館、マラソンコースもあり、県の駅伝大会ほか、すでにさまざまなスポーツイベントの舞台となっているが、ファーム誘致をきっかけに、スポーツツーリズム強化の道も開けるだろう。

その上で課題となるのが「宿泊」。現時点では周辺に宿泊施設が少なく、リーグ開幕後も当面、ビジターチームの選手は福岡市内の宿舎から筑後へ通うことになる見込みだ。この点について串田さんは「隣接するみやま市では、宿泊施設新設時の優遇条例が可決されました。当市でももちろん対策を考えおり、地域全体で受け皿を作っていければ」と力を込める。

税収増や地域経済の発展だけがメリットじゃない

スタジアム内のフードコーナーには長蛇の列。チケット売り場には次回以降のチケットを求めるファンも

新施設周辺はまだまだ未開発で、スタジアムへのアクセス道路「ホークス公園通り」は、名称こそ決まっているものの、整備はこれから。目の前に駅はあるが、歩いていける範囲にコンビニすらない状況だ。

「選手の皆さんは『田舎に来たな』と思われているでしょうね」と江崎さんは笑う。「整備はすべてこれからなんです。でも、都会と違って夜中に打撃練習をしても苦情は出ませんから、時間に関係なく思いっきり練習に打ち込んでいただけると思います」。

筑後市にとって、今後税収や地域経済にメリットがあるのは間違いないだろう。だが、同市がファームに寄せる期待はそれだけではない。

「もともと筑後地区には少年野球チームがたくさんありました。今回の誘致にあたっては、プロ球団のホームタウンとなることで、子どもたちに夢を与えられるのがいちばんの価値だと思います。ファームで頑張った選手が1軍で活躍すれば、きっと子どもたちの刺激になりますから。ファームが街の誇りになって、『筑後に住んでよかった』と思ってもらえることが、何よりの地域貢献と考えています」(江崎さん)

待ちに待ったファームの開業に、江崎さん、串田さんをはじめ、職員や市民の表情も明るい。誘致成功以来、ほかの自治体から視察の依頼も相次ぎ、確実に注目度は上がっている。この大チャンスをどこまで生かせるか。これからが正念場だ。

前編:"無名自治体"がホークス誘致に成功した理由

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。