「君が代」が今まで滅びず生き延びてきた理由

「消極的な肯定」という言葉に尽きる

卒業式に必ずといっていいほど歌われる「君が代」の議論はいつまでも絶えません(写真:遥花 / PIXTA)
全国の学校で開かれる卒業式がピークを迎えている。来月には各地で入学式も開かれる。この時期、改めて意識されるのがそこで歌われる国歌「君が代」だ。「君が代」は、明治期初期、英国王子の来日で急遽、国歌が必要になったために慌ただしく誕生したものだといわれている。それ以来、歌詞の解釈はじめ、「君が代」をめぐる議論は現在まで絶えることなく続いている。近現代史研究家の辻田真佐憲氏の『ふしぎな君が代』(幻冬舎新書)から記事を抜粋しつつ、「君が代」をめぐる国民の態度を振り返りたい。

「君が代」に対する消極的な肯定

戦後の日本人の「君が代」に対する態度は、「消極的な肯定」という言葉に尽きる。

日本人の多くは「君が代」を積極的に人前で歌ったりしないし、歌詞の意味もよく理解していない。しかし、だからといってこれを別の国歌に変えるつもりはないし、質問されれば「いい歌じゃないですか」「これが国歌でいいんじゃないですか」と答える。学校行事やスポーツの試合で、斉唱・演奏されても「まあ、こんなものか」と思って受け入れ、次の日には忘れてしまう。

「君が代」に関しては、とかく絶対肯定と絶対否定という両極端の意見が目立ちがちだ。だが、日本人の多くは両者の対立を冷ややかに眺めているのではないだろうか。

そんな「君が代」に対する態度は、1960年代前半の各種の世論調査からも見て取れる。この時期は、1964(昭和39)年の東京オリンピックの開催を控え、元号、国旗、国歌など国の公式制度に対する関心が高まっていた。政府機関がこれらの法制化を検討したこともあり、「君が代」をめぐっても盛んに調査が行われたのである。

最初に、1961(昭和36)年6月、内閣官房広報室によって行われた「青少年に関する世論調査」の結果から見てみよう。対象は満16歳から19歳までの未婚の男女3000人。つまり、戦後に教育を受けた世代ということになる。

「君が代」に関する質問事項は次のとおり。まず、「『君が代を聞くと、身が引きしまって頭が下がるような気持がする』という人がいますが、あなたもそのような気持ちがしますか、それとも、別にそのような気持ちはしませんか」という質問。これに対し、実に71%の人々が「別にそのような気持はしない・不明」と回答した。「君が代」はもはや神聖なシンボルと見なされなくなっていたようだ。

次ページ意味はわからなくても受容する
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT