新宿に上陸!話題のカフェ「ヴァーヴ」の正体

最新サードウェーブは何が新しいのか

大学時代にビンテージキーボードのバンドで知り合った同級生、ライアン・オドノヴァン氏と、2007年にサンタクルーズにヴァーヴを立ち上げた。コーヒーへの情熱を、バー氏は次のように語る。

「コーヒーにかかわる体験、すべてが好きです。コーヒー豆の買い付けから焙煎、抽出を通じて、発見が得られることが貴重なのです。そして、発見を共有できるコミュニティ、つまり頼もしいチーム、すばらしいコーヒーを生産する農園、われわれのコーヒーを楽しんでくれる顧客の皆さんも、大切です。

焙煎所内の風景

世界一のコーヒー企業を目指すとき、かかわるあらゆる人々が、そのコーヒーとともにどんなライフスタイルを送っているのかが評価されるべきでしょう。特に、豆のバイヤーとして、農園の人々が安心してコーヒーを作り続けられるよう、サポートをしています」(バー氏)

バー氏は、豆の買い付けを担当しており、1年のうち4カ月は、中南米やアフリカなどのコーヒー農園を回っている。そして、その農園で生産するコーヒー豆をすべて買い取るダイレクトトレードを行っており、ヴァーヴのパートナーとして良質なコーヒー豆の生産を安心して継続できるようにしている。

こうした探求と持続性ある関係作りは、コーヒー界が一気に沸いたパナマ・ゲイシャ種をいち早く取り扱い始め、2013年には米国でGood Food Awardの栄冠に輝いている。

「コーヒーはフルーツだ」

焙煎所2階にあるラボ。自社の豆、サンプル、そして他社の豆をカッピングし、おいしいコーヒーを探求していた

バー氏に、ヴァーヴが目指すコーヒーとは何かを尋ねると、「きわめてクリーンであること」、「甘味があること」、そして「バイブス」という答えが返ってきた。バイブスとは、雰囲気などを指す言葉だが、生き生きとした味だと続ける。

「こうした3つのポイントは、すべて、コーヒーがフルーツであることから作り出されます。生き生きとした味、さわやかで明るい雰囲気の酸味は、果実であることの証です。酸っぱさは苦手な味として受け止められますが、フルーツとしてとらえると、ポジティブに楽しめるでしょう」(バー氏)

サンタクルーズの焙煎所の2階にあるラボを訪れると、そこには小さなサンプル用の焙煎機、エスプレッソマシーン、あらゆるコーヒー器具、そしてサンフランシスコ周辺のあらゆる焙煎所のコーヒー豆が並んでいた。

次ページブランド作りにおいて大切にしていること
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT