新宿に上陸!話題のカフェ「ヴァーヴ」の正体

最新サードウェーブは何が新しいのか

焙煎所を構えるシーブライト店。海から1ブロックに位置する

4月15日にJR新宿駅新南口にオープンする商業施設「NEWoMan SHINJUKU」。この改札すぐ横に、「ヴァーヴ・コーヒーロースターズ」のカフェが開店する。

ヴァーヴは米国カリフォルニア州サンタクルーズを拠点にする焙煎所。すでにロサンゼルス、ニューヨーク・ブルックリンにも出店し、初の海外進出として東京が選ばれた。

ヴァーヴの本質に触れるには、やはり本場である米国カリフォルニア州サンタクルーズのカフェに行くとよいだろう。 朝6時に開店する地元では、たとえば、朝いちばんにサーフィンをし、コーヒーで体を温めながら、シリコンバレーに出勤する、といった生活をアクティブに楽しむ人々にとって、重要なピースとして定着していた。そして、あらゆる店舗のスタッフが、とても愛想よく、礼儀正しく接客をしてくれる点にも驚かされる。

共同創業者のコルビー・バー氏を訪ね、ヴァーヴについて、そして東京出店について話を聞いた。

おいしさと発見を共有するコミュニティ

ヴァーヴの共同創業者で、コーヒー豆のバイヤー、コルビー・バー氏

コルビー・バー氏は北カリフォルニアの出身で、実家はワイン向けのブドウ農家だった。そのため、自然科学にはもともと興味があり、大学では環境科学を修めている。

特に、GIS(地理情報システム)を学んでいた理由は、地質や気候が農作物に大きく関係しているからだ。

次ページバー氏が語る、コーヒーへの情熱
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。