新宿に上陸!話題のカフェ「ヴァーヴ」の正体

最新サードウェーブは何が新しいのか

焙煎所を構えるシーブライト店。海から1ブロックに位置する

4月15日にJR新宿駅新南口にオープンする商業施設「NEWoMan SHINJUKU」。この改札すぐ横に、「ヴァーヴ・コーヒーロースターズ」のカフェが開店する。

ヴァーヴは米国カリフォルニア州サンタクルーズを拠点にする焙煎所。すでにロサンゼルス、ニューヨーク・ブルックリンにも出店し、初の海外進出として東京が選ばれた。

ヴァーヴの本質に触れるには、やはり本場である米国カリフォルニア州サンタクルーズのカフェに行くとよいだろう。 朝6時に開店する地元では、たとえば、朝いちばんにサーフィンをし、コーヒーで体を温めながら、シリコンバレーに出勤する、といった生活をアクティブに楽しむ人々にとって、重要なピースとして定着していた。そして、あらゆる店舗のスタッフが、とても愛想よく、礼儀正しく接客をしてくれる点にも驚かされる。

共同創業者のコルビー・バー氏を訪ね、ヴァーヴについて、そして東京出店について話を聞いた。

おいしさと発見を共有するコミュニティ

ヴァーヴの共同創業者で、コーヒー豆のバイヤー、コルビー・バー氏

コルビー・バー氏は北カリフォルニアの出身で、実家はワイン向けのブドウ農家だった。そのため、自然科学にはもともと興味があり、大学では環境科学を修めている。

特に、GIS(地理情報システム)を学んでいた理由は、地質や気候が農作物に大きく関係しているからだ。

次ページバー氏が語る、コーヒーへの情熱
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT