「薬味」ひと振りで、忽ち健康食 石原結實著

「薬味」ひと振りで、忽ち健康食 石原結實著

「医食同源」というように日々の食事は毒にも薬にもなる。事実、戦後日本人の食生活が欧米型に変化した結果、脳卒中でも日本型の脳出血が減り欧米型の脳梗塞が、ガンでも欧米人に多い大腸や乳・卵巣ガンが増加するなど、病気も総体的に欧米化している。

医師である著者が病気にならない食べ物の摂り方としてすすめるのが「薬味」。インスタントラーメンには干しえび、冷凍チャーハンには紅ショウガ、レトルトカレーには醤油などを加えるだけで健康面へのマイナスを防ぐことができるという、文字通り「薬になる食べ物」だ。オリジナルレシピを交え、インスタント食品やファストフードを「健康食」にかえるちょっとした工夫の数々を紹介する。

廣済堂出版 健康人新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。