「薬味」ひと振りで、忽ち健康食 石原結實著

「薬味」ひと振りで、忽ち健康食 石原結實著

「医食同源」というように日々の食事は毒にも薬にもなる。事実、戦後日本人の食生活が欧米型に変化した結果、脳卒中でも日本型の脳出血が減り欧米型の脳梗塞が、ガンでも欧米人に多い大腸や乳・卵巣ガンが増加するなど、病気も総体的に欧米化している。

医師である著者が病気にならない食べ物の摂り方としてすすめるのが「薬味」。インスタントラーメンには干しえび、冷凍チャーハンには紅ショウガ、レトルトカレーには醤油などを加えるだけで健康面へのマイナスを防ぐことができるという、文字通り「薬になる食べ物」だ。オリジナルレシピを交え、インスタント食品やファストフードを「健康食」にかえるちょっとした工夫の数々を紹介する。

廣済堂出版 健康人新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT